ハタハタと竿燈となまはげ

画像
 どちらも秋田の名物だ。

 昼のテレビ番組でハタハタのことを知らない人が出演していた。あんまりメジャーな魚じゃないし知らなくて当たり前か。だいたいウロコが無くてぬるぬるしていてごつい面構えでどう見ても愛きょうのある魚ではない。

 数十年前までは、それこそたたき売りのように取り引きされたから、来る日も来る日もおかずはハタハタなんてこともあった。冬のタンパク源だったわけだ。それがしばらく不漁が続き、3年間の禁漁を経て解禁、その後順調にとれだした。塩焼き良し、煮つけに良し、鍋物(しょっつるかやき)にも良し、極めつけは飯ずしだ。秋田ではこんなに親しまれている魚なのだ。

 竿燈祭。これを東京で「さおひまつり」という人がいた。はじめ何のことかわからず、シーンとしていたのだが、県人の一人が「あっ、竿燈(かんとう)祭」。秋田の夏の風物詩。東北三大祭の一つだ。

 地元で有名だからといって、他の地域でも知られているとは思わない方がいい。多分思いこみ、錯覚なのだから。

 でも、ハタハタもうまいし、竿燈祭りも面白い。一度は経験していただきたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 東北三大夏祭り・竿燈(改訂)

    Excerpt:  竿燈祭を”さおひまつり”と読んだ人がいたことは前にも紹介した。 Weblog: 秋田がらくた箱 racked: 2005-08-04 21:43
  • お薦めのブログ記事

    Excerpt: いかに弱小ブログといえども、やはりアクセス件数は多い方がいい。 Weblog: 秋田がらくた箱 racked: 2008-09-18 19:08