gakkokamen天下国家を論ず

 たまにはgakkokamenも硬派の話題に挑んでみたい。

市町村合併
 市町村合併とは、市と町と村が一緒になることであることからして、合併に伴って辞めなければならない人も出てくることもある。当然議員の中には保身のために反対する人もいるから、法律で特例を設けることにしたんだよね。だから議員百数十人の議会なんかができるんだよ。でも仕方ないよね、法律はそれを想定しているんだもん。

郵政民営化について
 郵便局は昔庶民の金融機関だった。私は自慢じゃないが銀行なんて社会人になってからはじめて行った。なんか気取った感じで入りにくかった。それに比べると郵便局はほんとに庶民的だった。気さくだった。民営化されても全国津々浦々までサービスが行き届くのかな。そいつが問題なんだけどな。

自衛隊のイラク派遣について
 自衛隊と言えば、日本国憲法。特に第9条。最高裁の統治行為論。訳わかんないんだよな。高度に政治的な問題は裁判所の判断になじまないって・・・・・・。必要最小限の軍備が必要なら憲法を改正したらいいじゃない。あっそうか今政府は合憲て言ってるのか。合憲なら改正する必要ないか。大事なことは多くの国民の合意を得ることじゃないのかな。そういえば昔憲法の条文にロック調の曲を付けたアルバムがあったっけ。「日本国憲法」(羅生門)CD化されないかなあ。

 だっだめだ。俺には、硬派の話題。
今まで通り存在の耐えられない軽さで行こう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぶんた
2005年03月17日 23:27
いや、改めて「殿、コメントを!」と求められると書きにくいもので(殿じゃないですが)。
先進国と呼ばれる国の中で50年も憲法を改正していないのは日本だけらしいですが、それでも今の憲法は悪くないのでは。
 軍備を実質持っているから憲法を変えましょうとゆうのは順番が逆で、時代や状況に沿って柔軟に変えていくべきは、法律の領分ではないかと思います。 ただ、残念なのは、現行憲法がどうしてもGHQが慌てて(やっつけ?)で作ったという経緯の印象が拭えないことです。日本がロシアとアメリカで半分にされるよりは良かったのは確かですが、いかにもお仕着せすぎた。
 だから、今の日本国民で、納得のいく憲法に変えようという機運はそれはそれで理解できるのですが、もしそうやって例えば9条を変えるなら徴兵制を受け入れる位の腹をくくらなきゃいけないと思うし、反対に9条を変えないなら実質に軍備を放棄して、ヤラれるときは弁慶さんの末期の如く、憲法の誇りを持ってヤラれる位の覚悟が必要ではないかなと。
 
ぶんた つづき
2005年03月17日 23:28
いずれにしても憲法を国民の直接投票で改正できればいいのですが、そのように変えるのは、今の日本じゃほとんど困難。代議士の先生任せかよー。
 あと、私も含め、日本人、もっと世界のことを知らないと憲法も変えられないですねー。例えば、スイスを中立国で平和な国だと考えている方のなんと多いこと。あ、頭痛くなってきた。。。知恵熱か。私も軽い話題の世界に帰ります。 
   また、近いうちおじゃまします。
gakkokamen
2005年03月18日 21:35
私も今の憲法はいいと思っています。

確かに、制定過程に問題がないとは言えませんが、憲法の内容(国民主権、平和主義、基本的人権の尊重)は、戦争で疲弊しきった国民にすんなりと受け入れられたと思っています。

これを改正するには、硬性(改正しにくい)憲法だけに、十分な議論と国民の合意を取り付ける努力が必要です。

だっだめだ
また頭が・・・・・・・
ぶんた
2005年03月18日 22:07
ケンポーを変えるにしても変えないにしても、問題は今の日本人に、憲法問題を真剣に受け止める「覚悟」や「気概」、「ヒマ」が実際にあるかというところでしょう。中曽根御大のような良くも悪くも志のある人達が色々頑張ってますが、市井の人にはピンと来ていない点が怖いところです。

私のブログは最近始めたばかりですが、よければお立ち寄りくださいませ。
http://bunta-i.cocolog-nifty.com/blog/
gakkokamen
2005年03月18日 22:24
早速おじゃまします。

この記事へのトラックバック