思い出のダンス・チャールストン

父が踊った最初で最後のチャールストン・・・・・

 間もなく父の三回忌がやってくる。

 あれは二年前の一月頃だったろうか。
もうほとんど回復の見込みが無く、何ヶ月も食べることができなくて(空腹中枢がおかしくなって)、点滴だけで命をつないでいた。

 そんな時、東京の妹が父の見舞いにやって来た。
ベッドで静かに横たわる父に「父さん、仰向けで足を伸ばしっぱなしだと、床ずれができるよ。膝が立たないかな」

 布団の下がもぞもぞして、やがて膝が立った。
「ああ、立つんだ。すごいね。体力があるんだ。」と驚いたように妹が小さな声で言う。
「うん」と私。

 すると、膝がかたかた上下に動くではないか。
「父さん、どうした?」二人が同時に言う。
父「チャールストン」低いしゃがれた声で、でもはっきりと言う。
妹と私。思わず顔を見つめて、爆笑。
父は相変わらず表情を変えずに、かたかた。
やがて、うっすらとほほえみを浮かべて目を閉じた。
最初で最後のチャールストン。

 戦後、社交ダンスが流行したことがあったそうな。
その頃でも覚えたのだろうか。

 悔やまれることが一杯。

この記事へのコメント

けい
2006年04月12日 15:39
トラックバックありがとうございます。
お父様の思い出 読ませていただきました。こうして思い出してあげることが きっと嬉しいことなのでしょうね。
今はわたしもなんだか心もとなく日々なんとなく過ぎている気分でいますが、これからきっとじんわりと亡くなった実感が湧いてくるのでしょう。
チャールストン 懐かしいことばです。
g
2006年04月12日 21:41
こんな時父が元気だったらどうしたか。
どんな助言をしてくれたか。
そんなことを考えます。
悲しさよりも寂しさが募ります。
でもいつかは誰もが通る道です。

この記事へのトラックバック

  • 社交ダンスとは

    Excerpt: 社交ダンスとは、英語ではBallroom danceと表現され、もともとは男女ペアになって舞踏会などで踊るダンスのことです。 Weblog: 社交的なダンススクール racked: 2007-05-30 09:52
  • 冬の花火

    Excerpt: バスに乗っていて「あっ」と思った。 Weblog: 秋田がらくた箱 racked: 2008-01-15 21:14
  • お薦めのブログ記事

    Excerpt: いかに弱小ブログといえども、やはりアクセス件数は多い方がいい。 Weblog: 秋田がらくた箱 racked: 2008-09-18 19:08