アトピー性皮膚炎と網膜剥離の予防

バスに乗って座席に腰掛けると後の席で「きゃっ」という声。

振り向くと、2歳くらいのかわいい男の子がこっちをにらんでいる。
彼の前の席に座ってご機嫌を損ねたらしい。
仲直りしようと小指をそっと差し出す。紅葉のような小さな手でギュッと握ってくれた。
ハハ仲直り。

ほっぺたを見るとざらざらしている。
あっアトピーだなと直ぐわかった。
お母さんに聞くと、「そうです」とおっしゃる。
我が家の息子もアトピー、3歳くらいの頃から始まって大学生の今も完全には治っていない。
小学生の頃から比べたらずいぶん良くなったが。

息子が小学生の頃、私が定期的に通院している眼科で、中学生くらいの男の子が網膜剥離の手術をすることになった様子。顔や手をぼりぼりかいている。アトピーか。

はっと気がついた、うちの息子は大丈夫か。
その夜、家人に長男を眼科に連れて行くように話した。
早速連れて行ったところ、直ぐにレーザー光線治療が必要だといわれた。網膜剥離の予防だという。間一髪セーフだった。結局両目を治療した。

バスの折り際、眼科に行ってますかと聞いた。
行っているという。息子の話をしてバスを降りた。

アトピー性皮膚炎、ほんとになんとかならないものか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

yukie
2005年08月01日 22:19
わたしも昔アトピーでした。
合成石鹸をやめ、天然の白い本当のせっけんを使うことで改善しました。

主婦湿疹と呼ばれるものも、合成洗剤やめるとよくなるらしいです。
2005年08月01日 22:39
そうでしたか。大変でしたね。
うちの息子もアトピーに良いというものは大抵試しました。少しずつ改善されているようですが、それでも本当にかゆそうに顔や頭をぼりぼりかいている姿を見るとかわいそうでなりません。情報ありがとうございました。

この記事へのトラックバック