単位が足りない

私たちが高校生の頃は社会も理科もすべての科目を履修した。

社会は、1年で地理、2年で、倫理社会と世界史、日本史、3年で世界史と政治経済。
理科は、1年で地学と生物、2年で物理、3年で化学。
だったと思う(例によって記憶はウソをつくと言うから、間違っているかも知れない)。
団塊の世代は結構必修が多かったのだ。

国立文系の入試科目は世界史と日本史をとる者が多かったし、理系は物理、化学が多かったように思う。

私は、世界史は受講したものの、受験科目に選ばなかったから、今はもうほとんど覚えていない。
一つだけ記憶しているのは、イギリスの産業革命の時代に、炭坑で働く一番若い労働者の年齢が5歳というのがある。狭い坑道の中を篭を背負わせて石炭を運ばせたという。
教わったと言っても今ではその程度のものだ。

しかし、学習指導要領の定めに反するだけでなく、もっと深刻な問題があるのではないか。
少し大げさにいえば、それは歴史を学ばなかったことによる人格の形成、人間性の幅、奥行き、生き方、世界観に与える影響、基礎的な教養や歴史に学ぶ姿勢の欠如、等々。
それは昨今の近隣諸国に対する思いやりの欠如とも関連するのではあるまいか。
えっ、お前は世界史を学んだからって、せいぜいその程度だろう?学ばなかったものと全然変わらないじゃないって。ハハごもっとも。
でも、やっぱりちゃんと勉強した人とはかなり大きな差が出ると思うよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

まっき
2006年11月01日 21:25
おっしゃる通り、歴史を学ぶ事は、歴史に学ぶ知恵を育てるのだと思います。何をどれだけ学ぶかは人それぞれかも知れませんが、人としてとても大切な事ですよね。それに意地悪く言わせてもらえば、大学に入る手段としての学習も大事でしょうが、その結果卒業できないのでは本末転倒、無駄な努力というものです。
g
2006年11月01日 22:09
つくづく思うのです。
もっと歴史を勉強しておけば良かったと。
もっとも高校では日本史、世界史とも現代史は教えてもらえませんでしたけどね。
今、本当に歴史を勉強したいと思っています。
ねぎま。
2006年11月02日 21:30
もっと勉強しとけば良かったと思う1人です。
テストのためにやっていたようなもので、今では記憶に残っていないものばかり(^_^;)
日本史、世界史、現代社会は今でも気になる分野です。
g
2006年11月02日 21:39
ねぎま。さんもそうですか。
まだ間に合うかと思っています。
実は歴史の本、十分あるにはあるんです。
ただ、読んでいないだけで・・・・・

この記事へのトラックバック