鹿角の新聞屋さん

鹿角で単身赴任中にある全国紙を購読していた。

すると販売店の店員が集金の時に、紙袋を携えてきて、「これに新聞を入れて玄関に置いてください」と言う。

言われたとおりにしておくと、回収していってくれる。

そして代わりに同じ紙袋をおいていく。

一ヶ月分の新聞を入れても少し隙間が残る。

おそらく朝刊と夕刊が配達される地域にはちょうどいいマチなのだろう。

良いアイデアだと思った。

素晴らしいサービスだと思った。

おかげで新聞の処理に困ることはなかった。

平成11年、12年の頃。まじめな人達のことだから今も続いていると思うけど、確認はしていない。

ああ我があこがれの町鹿角よ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック