秋田がらくた箱

アクセスカウンタ

zoom RSS サッポロビール園

<<   作成日時 : 2007/04/12 21:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

さて、ホテルに到着。

前日のお通夜で深夜まで飲み、かなり疲れていた。
しかし、ホテルのシングルルームで、もらってきた豪華な弁当を一人で食べるのも味気ない。外は小雨、ますます気が滅入りそうだった。

そうか、ここは札幌駅前。
サッポロビール園が近いはず。
一人でも、ビール園なら周りがにぎやかだろう。
それにしばらくジンギスカンも食べてない。そう思って、ビール園に行くことにした。

画像


賑やかだった。
ほとんど満杯の状況。
トラディショナルジンギスカン食べ飲み放題に追加で特得飲み放題にした。
トラディショナルと言うのは、要するに、円形に薄く切られた冷凍の肉。

画像


食べてみて微妙なくせに気が付いた。
そうか、こんな味だったんだ。
この感覚は先日京都で他人丼を食べた時にも感じた。
牛肉のくせ。
若い頃にはわからなかった微妙な味、今ならわかる。
やはり歳をとるとさまざまな経験を経ているから、味にも敏感になる。
野菜と混ぜて濃いタレにつけて食べる。うまい。

ビールは、クラシックの生。
ジョッキは中ジョッキだ。
ところが、ここではこれを小ジョッキという。
クラシックは北海道でなければ味わえないはず。
徹底してクラシックを飲んだ。うまかった。
お代わりをを何度か繰り返しているうちに、
別の物を飲みたくなった。
そこで赤ワインを注文。

画像


フッと見ると幼い子を3人連れたグループがいた。
女性の一人は、立ったまま片手に乳児を抱き、もう一方の手で黒生をジョッキで飲んでいる。目を疑った。ここはビヤホール。食事も出すがメインはアルコールのはず。ファミレスとは少し性格が違うのではないかな。
こういう場所に幼い子供を連れてくるか。
最近は、子供より親の事情を優先させるそうだ。
親が飲みたければ、居酒屋にも子供を連れて行く。
いいのかなあ。余計なお世話と言われそうだな。

売店でおみやげを買って、ビール園を後にした。

ホテルに帰って、弁当をいただく。
二段重ねの立派な弁当だ。
さすがに全部は食べられなかった。

そして就寝。
翌朝までぐっすり眠ることができた。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは、そしてはじめまして。
楽しく読ませて頂いております。
私はお酒が大好きです。特にBEER!!
成人した娘二人との居酒屋巡りが生甲斐になっています。でも、子連れの客が居るとこちらが退却したくなります。
せっかくの楽しい時間を、非常識な人間と空間と伴にしたくないのです。
酒場に子連れが良いはずは無く、余計なお世話でもないと私は思います。世も末なのです。
失礼致しました。
about_haha
2007/04/13 11:15
いらっしゃい、ようこそ!
酒場に子連れはいけませんよね。
まったく同感です。
また遊びにいらしてください。

2007/04/13 22:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
サッポロビール園 秋田がらくた箱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる