日本の銃社会

また銃による事件が発生した。

痛ましい犠牲者も出た。
徹底した銃規制を行ってもこのような事件が起きる。

具体的な嫌疑がないのに、暴力団の組事務所や組員の家を捜索するわけにもいかないだろう。
暴力団員でも基本的人権は尊重されなければならないだろう。

アメリカのことをとやかく言えない。
むしろ彼の国の人々が自分を守るために銃を持つのだという主張が、我が国においても妙に説得力、現実味をおびてくるような気がするから、恐いなと思う。
危ういなと思う。
そう主張する人々がひょっとしたら出てくるのではないか。

予防策を十分に講じたとしても、また、このような事件が起きるとしたら、犠牲者や家族への社会としてのしっかりした対策を行うことだと思う。経済的支援、徹底した医療と介護、心のケア等々。

犠牲者のご冥福を心から祈る。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック