冬の花火

バスに乗っていて「あっ」と思った。

今見たのは幻か。
夜空に突然咲いた一輪の花。

花火だった。
何故?

ニュースを見て初めてわかった。
今日は火振りかまくら。
たぶんその一環だったのだろう。
でも、冬の花火なかなかいいもんだ。

今頃になるといつも思い出す。
父のこと。
父は明るい性格の人だった。
ユーモアも解する。
大きな声。
そして小心な人。
そっくり私が引き継いだ。

でもあの時のことは決して忘れない。
http://gakkokamen.at.webry.info/200503/article_5.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック