でんでん太鼓の思いこみ

先日外国人の友達にプレゼントした。

豆まきにちなんで、大豆とミニチュアの鬼の面、それにでんでん太鼓がセットになった物だ。

これまでも日本的な品物を、来日、来秋の記念になればと思ってプレゼントしてきた。

先日、彼女に会うと、お礼を言われて
「私は子供の頃あれで遊んだ記憶があります」と言う。
そして一緒にいた別の女性も同じことを言う。

最初の女性は中国の方、次の女性は韓国の方。

えっ
日本古来の物じゃなかったんだ。
いやあ
目から鱗でした。

発祥の地は中国かも知れませんね。
でもこんな思いこみも実際に外国の人たちと接触してみてわかること。
その思いこみ解消の一つのきっかけになるように、これからもプレゼントをしようと思う。
決して負担にならないようにちゃんと気配りをして。

ところで日本の若い人たちはでんでん太鼓を知っているだろうか、と思って写真を掲載します。

画像


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

黒柴
2008年02月02日 15:54
Σ( ̄□ ̄)!

へえ~如何にも日本のものってかんじがするんですがね。

♪でんでん太鼓に笙の笛♪


の曲調からだと。

でもそういわれて考えてみると笙は中国からですね(^-^)
g
2008年02月02日 18:08
黒柴さん
本当はどこなのか、ネットで調べたらわかるかな。
でも、日中韓で使われているというのは面白いですね。
nao
2008年02月02日 23:07
若い人に該当するか分かりませんが、
私は知ってますよ~

日本のものだと思っていたのですが・・・

高いですがオルゴールも喜ばれますね。
g
2008年02月03日 09:57
naoさん
あなたはもちろん若い!
知っていましたか。
オルゴールは高いしね・・・・・
安い物でも喜んでいただける物をと考えています。

この記事へのトラックバック