おとといの夜

デイジー宅へ行くと、ヘルパーさんが本当に嬉しそうな顔を見せてくれた。

デイジーが何となく寂しそうだったのだそうだ。
十五夜なのでお月様にお供えをしたいとずっと気にしていたとのこと。
そこでヘルパーさんが庭のススキを刈ってきて花瓶に挿したのだけれど、それでもどこか不満だったらしい。

私は女房に言われて、つきたての黄粉餅とリンゴとブドウなど果物と枝豆と花を持って行った。
ヘルパーさんは「良かったね、デイジーさん、良かったね。息子さんがいろいろ持ってきてくれたよ」と言う。
デイジーも満足げな顔。

十五夜おつきさん。

その夜はどんな夢を見たことやら。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

プレアデス☆彡
2008年09月19日 21:33
お母様を大事にして下さいませ。
私も今度の日曜にまた、温泉に連れていきますの!!
g
2008年09月19日 22:43
プレアデス☆彡さん
女性同士なら温泉もいいですね。
私は連れていけません。
浴室で世話をしなければなりませんので。
家内に頼むことにしています。

この記事へのトラックバック