「なずき」を知っていますか

昨日、大学コンソーシアムで、脳を知り、脳を活かすー脳は老化しないーという講義があった。講師は東京大学大学院薬学系研究科准教授の池谷祐二先生http://www.gaya.jp/ikegaya.htm

画像


講義の最後にあっと驚くことがあった。
「脳」という字を示して、「これは、のうと読みますが、他にも読み方があります。何と読むかお分かりですか」と問われた。

会場がシーンとなって、考え始める。

やがて、スクリーンに表示された脳の漢字の上に、「なずき」とルビが現れた。
会場は、ホーとかフーとか一斉にどよめいた。
それを聞いて、先生は「やはりそうでしたか」とおっしゃる。「こちらの地方では、なずきと言うらしいと聞いて、確かめてみたかったのです。やはりそうでしたか」という意味のことをおっしゃった。

確かに秋田では、頭、特におでこ(額)のことを「なずき」と言う。
秋田弁の発音を現代日本語の表記で正確に表すことはできないが、あえて書けば「なじぎ」または「なじき」に近い。

会場のみんなが驚くはずだ。
私たちは、他の地方では既に日常使う言葉としては消滅してしまった言葉を、おそらく、都から遠隔の地であったればこそ今に残しているのではないか。

さて、私が、これまで読んだ先生の著書は、とても丁寧に易しく説明され読みやすい。
その本同様に、講義はユーモラスで時々笑いを誘いながら、素人にもわかりやすい脳の話をしてくださった。
目から鱗の話が次々と飛びだし、楽しい2時間だった。

そのうちの一部
記憶に重要な脳波は、データ波、シータ波、ガンマ波。
特にシータ波は歩くと多く現れる。
歳をとっても脳は衰えていない。性能を発揮できる。シータ波(興味を持っているかどうかの印)さえあれば大丈夫とのこと。
大いに自信を持った。散歩をしよう。どん欲な好奇心を持とう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

プレアデス☆彡
2008年12月29日 01:41
ひとつ利口になりました。
ありがとう
好奇心はいつまでも持ちたいです。
g
2008年12月29日 11:20
プレアデス☆彡さん
ね、参考になったでしょう?
いつまでも好奇心を持ちたいですね。
みずがめ
2008年12月29日 19:22
いいお話、有難うございます。
記憶力に自信が持てない、今日この頃のみずがめですが、歩けばこんな人にもシーター波様が出てくれるでしょうか?。
あと、野次馬根性は持ち合わせてますが。
g
2008年12月29日 21:41
みずがめさん
大いに歩きましょう。
京都はいくらでも楽しく歩く場所があります。

この記事へのトラックバック