天国と地獄 おときゅう(大人の休日倶楽部)番外編

天国の地域に住む人々にはわからないだろうなと思った。

想像力を働かせてくれと言ったってそれは無理というものだ。
前夜からの強風ですっかり凍ってしまった秋田から大曲、角館、田沢湖などの豪雪地帯、そして奥羽山脈の脊梁を横切って行くとその積雪の多さに驚く。いったい何メートルか。

そして、太平洋側の盛岡に着くと、青空が広がりうっすら雪化粧。うっすらとだ・・・・・・
そして南下するに連れて雪はどんどん少なくなり、やがて全くなくなると抜けるような青空が広がる。窓の外は春一色、秋田は冬真っ盛りというのに。

上野で乗換、常磐線の特急に乗り換える。
これがきれいな車体でしかも窓も広い。車内はがらがら。でも路線全体としての経営は、きっとかなりの黒字なんだな、だから、がらがらの列車を走らせることができる。それが古くなると羽越線とか奥羽線の特急に払い下げられてくるんだろうな、なんて考えながらぼんやりと外を眺める。

外はぽかぽか春の陽気。
狭い土地に精一杯個性を競うようにそれぞれに意匠を凝らした一戸建てが見える。
いいなあ、こんな所に住んでいたら、雪害なんて関係ないし。
でも、延べ床面積ならうちの方が絶対2倍くらい広いな。なんて考えている間に偕楽園駅に到着。

外に出るとぽかぽか陽気に見えて風は冷たい。だからハーフのダウンのコートがちょうど良かった。
梅が咲き、竹林は緑。
嗚呼天国
翌日の千葉や佐倉も東京もいい天気だった。
嗚呼天国。

天国に住まう人々に、雪国の地獄のような雪害の状況を想像してくださいと言ったって無理だとわかった。
それを望む方が無理ということがつくづくわかった。
あの明るい日差しの中の光景に積雪を重ねて見ることはできない。

今朝の秋田は、いつものように曇天だった。
しかし、一つだけ違っていた。
玄関を出てアプローチを歩くとつるりと滑った。一瞬やばいと思った。
案の定、家の前の道路はテカテカに光り、スケート場のリンクのような輝きだった。
歩車道が分離していない道路は、車が走るところは乾いていたが路側帯はつるつるだった。何度も滑り転びそうになった。よっぽど一度帰宅してタクシーを呼ぼうかと思った。
中学生が私を越してすたすたと歩く。うまい。滑りそうになる部分を上手に避けて行く。彼の後をついて行った。
なんとかいつもの停留所よりも5つ先まで進むことができた。ここまで来れば乗換無しで職場まで行くバスに乗れる。へとへとになった。
昨夜、秋田に着くと道路が濡れていた。日中の雨で溶けてしまったのだろう。だから、深夜の冷え込みによる今朝の状況は想像できたのだ。
それにしても滅多にない凍結だった。これで転んでも、長年の経験で体に刷り込まれた反射的な受け身の体制をとれるから、頭を打つことはないだろう。その代わり肘や腰や尻はしこたま打つに違いない。下手をするとむち打ち。地獄のスケートリンク。

東京が雪国だったら積雪対策はもっと進むだろうという、雪国の人々の絶対実現しない夢想を思った。
だから、だからこそ、メディアよ、発信して欲しい。雪国の苦労を

雪国という地獄に、それは劇的な春の到来だ!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2009年02月24日 10:06
北陸から、東京へ出てきてもうすぐ40年近く。
忘れてましたが、そうですね・・・天国かもしれません。
積雪10センチで電車が止まってしまう、地獄など知らない街なんですよね。
でもそんな街にも慣れた今は、沖縄が天国に思え、移住など考えてます。
2009年02月24日 10:28
なんでも 外から見てるのと実際では大違い
いいぅことですよね
雪の後のぬかるんだ道を行く気苦労を何度かは
経験しましたので。でも経験のないほかの事柄についとは、実際に映像など、生活されてて大変なことを見せていただかないと、解からないことが多いですね
g
2009年02月24日 23:51
Pochiさん
そうか、
天国の上にさらに天国がありましたか。
でも、住めば都とも言いますから、地獄は地獄なりに住み心地がいいのかも・・・・・
g
2009年02月24日 23:55
織り姫さん
やはり一度体験していただかないとわからないと思います。
実体験を通してみて初めてわかることがあると思いました。
そういう意味では私も知らないことが一杯あるんだなと思いました。
2009年02月25日 01:41
お買い物に行くのも お隣へ行くのも
ころばないかという心配がありますね
若いうちは まだいいですけど。
g
2009年02月26日 21:26
織り姫さん
そうです。大変です。
職場の女性が両膝に何か貼っているので、聞いたら、転んで一方はすごい出血、他方は内出血したのだそうです。転び方は慣れているはずなのですが、打ち所が悪くてこういうふうになることもあります。

この記事へのトラックバック

  • 春の訪れと松葉杖

    Excerpt: いつもの通勤経路の旭川沿いの歩道にも春の訪れの兆しがちらほら見られるようになった。 Weblog: 秋田がらくた箱 racked: 2009-02-28 21:31