大ニュースショーが始まる

今夜八時から前代未聞のニュースショーが始まる。

ひょっとしたら今世紀最初で最後かもしれない。

八時になると、一斉に、出口調査や事前の様々なデータを分析して選挙結果の報道が始まる。

未だ票があく前から、もうどの党の候補者のうち何人が当選圏内だとか、当落線上にあるのはどのくらいだとか、かなりの確信を持った様子で報じられる。
そしてその内容はだいたい開票後の結果と符合するから、投票終了と同時に今回の選挙の大勢がわかってしまう。

今のように精度の高い予測が行われる前は、開票の結果が、刻々とラジオとテレビで報道され、その成り行きを一喜一憂しながら聞いていたものだった。
それは、ちょうどスポーツの実況中継やミステリードラマを視聴するのにもにて、決着がつくまでどきどきはらはらしながら見聞きしたものだった。

今日も投票所の前には、報道関係の調査員がいて、有権者の投票行動を聞いていた。
私も聞かれたが、周りを人々が通り過ぎていく。それらの人たちにこちらの回答を聞かれないわけでもない。
投票の内容は、個人の秘密。例えば、紙を渡して記入してもらうとか、パソコンの画面にタッチしてもらうとか。
誰かに聞かれかねないような声を出して聞く今のやり方は検討し直してみるべきではないだろうか。

もう随分昔のことだが、アパートに住んでいたとき、選挙の少し前に調査員が回ってきたことがある。
我が家の玄関前に立ち、あれこれと聞く。
そのやりとりは階段室を通してアパートの住人に筒抜けになるのだ。若い女性だったが、あまりの無神経さに全部「DK」と答えてやった。彼女はなぜ「DK」と答えたか推測することができただろうか。

さて、あと開票まで数時間に迫った。
どんな結果が出るにしろ、それは今現在の有権者の声だ。
今度はどんな天の声になるのだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック