荻田ヒサ子さんと柴田周子さんのコンサート 響き

画像

今日もいい一日だった。

響きというコンサートを聞いた。
マンドリンとギターのデュオ。
素晴らしかった。

初めて聞いたのが、一昨年。
それまでのマンドリンとギターとは全く異なる楽器のように思えたものだった。

今日の演奏はタンゴの歴史という曲で始まった。初めて聞く曲だったが、第一から第四までの各楽章がそれぞれ特徴のある曲で楽しかった。演奏する人は第四が一番難しいかな、なんて素人ながらに考えた。そんな曲を見事に弾く。素晴らしかった。

目を閉じて聞いていると音楽の海の上に横たわりゆらりゆらり心地よい波に揺られているよう、先日のジャズの時もそうだったが生の演奏は一味も二味も違う。

何より演奏者が皆明るく生き生きと楽しそうに演奏しているのが好もしい。

途中からのカルテットでは、主催者が「カルテットは自己主張したり協調したり(その阿吽の呼吸のやり取りが)楽しい」とおっしゃっていたのが印象に残った。

ギターは時にベース、時にピアノかとみまごうばかりの演奏、幅の広い奥行きの深い楽器だと思った。

荻田ヒサ子さんと柴田周子さん
また楽しい演奏を聞かせて欲しい。

コンサート会場の外に出ると軽自動車に乗った妙齢の女性が私の名を呼んで過ぎ去って行った。

演奏会が開かれた横手市ではBー1グランプリの余韻が残り、横手焼きそばの店には大勢の人が並んでいた。駐車場は県外ナンバーがズラリ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック