祭と美女と焼きそばと

さて、一昨日の小さな旅。

本当に楽しかった。
家内も私も体調は必ずしも万全ではなかったが、何とか最後まで保つことができた。

鷹巣のもちっこ市は初めての経験。

画像


そして餅以外の物も。

画像


大太鼓の館も一緒に見物されることをお勧めする。

画像


牛革の太鼓と馬革の太鼓でこれほど音が違うとは知らなかった。
馬革の方がずっと張りのある音がする。

大館のアメッコ市。
今から40年近く前に見たことがあるが、あの頃とは規模も内容も大いに変わっていた。
アメッコは飴っこと書く。
秋田弁では名詞の最後に「こ」を付ける。
飴っこ、餅っこ、りんごっこ、べごっこ(牛)、馬っこ等々。

比内地鶏の丸焼き、食べたかったけれど、一羽はおろか半分も無理と諦めた。何人かで分けて食べられたらいいなあと思った。

画像


で、このような美女も。
お願いして写真を撮らせていただいた。

画像


画像


アメッコ市
細工飴の職人さんの周りには大勢の人が集まってその見事な技を見学していた。

画像


画像


画像


画像


そして
男鹿へ。
なまはげ紫灯祭へ。

このブログの読者のために御健康と弥栄をお祈りしてきた。
ここでも美女に遭遇。

画像


画像


御神酒を頂くと紅白の餅も頂いた。

いやあ
感激しましたね。
ごくごくフツウの青年たちが、なまはげの面を受け取り、それを顔に付けると突然変身してしまう。そして、それを恥じてか山に向かう。
やがて彼らはたいまつを掲げて山を下りてくる。

画像


どこか神々しい雰囲気に満ちあふれていた。
なまはげ太鼓や踊りなどたっぷりと楽しませてくれた。

画像


夕食は男鹿の焼きそば。
魚醤のしょっつるで味付けしたこの焼きそば、大ブレークの予感。

寒さは生半可じゃない。
どなたにも一度は見てもらいたい行事だ。
どうか寒さ対策をしっかり立てて来年以降是非男鹿へお出で頂きたい。

もう一つ
「っこ」のつく行事が来月行われる。
花っこ市
秋田県鹿角市花輪にて

(女性の皆さんの写真の掲載は本人の了解を得ております。転載、転写は固くお断りします)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

kamogawa
2010年02月17日 00:26
なんだか ホクホクして、食欲も刺激されました。
しょっつるの焼きそばは 絶対!当たりますよ。狙うべきです。
いいなあ、秋田の祭りとそれに関わる人たち。
g様ブログの真骨頂ですね。
清心館管理人
2010年02月17日 12:06
g様
さすが美人とおいしい食べ物プラスお酒には目がないですね。
2010年02月17日 20:28
kamogawaさん
是非秋田へ!!!
2010年02月17日 20:29
清心館管理人さん
秋田は米の国酒の国~~~
清心館管理人
2010年02月17日 21:50
忘れていました!秋田小町 秋田美人の御当地でした。
2010年02月17日 23:52
清心館管理人さん
そのとおり!!!

この記事へのトラックバック