伯母の17回忌

いい天気だった。

今日は伯母の17回忌だった。
寺のある由利本荘市へ向かう電車から外を見ると田植えも終わり、濃淡様々な緑の光景が広がっていた。
濃い色は針葉樹、淡い色は広葉樹のように見受けられた。
田植えが終わったばかりの稲は、またさらに薄い。
それにしても農村風景は美しいと思う。道路も家の周りもゴミ一つ落ちていない。

駅に到着して、外に出ると、小柄で目鼻立ちのはっきりした伯母にそっくりの銅像が建っている。

画像


盆や正月には我が家を訪ねてくれて、その明るく賑やかな振る舞いが私たちを愉快にさせてくれた。そして、小遣いもたくさんもらった。


その伯母の17回忌。
法事は、初めに、般若心経の唱和から始まった。
住職と一緒に参拝者がお経を唱えるのだ。
私は般若心経が好きだ。翻訳は柳沢桂子さんの「生きて死ぬ智慧」が一番いい。

次は、修証義の第1章と2章。

画像


その後墓参。
いつものように墓の頭頂部に水をかけたのだが、ふと気になって正しい方法を尋ねてみた。
本当は墓の下の段からかけていくのだそうだ。
5段か6段の墓。その下の段からその上、更に上にとかけていく。


会食は、寺の近くの料理旅館だった。写真はその料理の一部。実においしい。

画像


画像


画像


画像


画像


今年、何度か泊まった旅館だ。


いとこ夫婦やその子と久しぶりの再会だった。
伯母の仏事を介して旧交を温める。
法事というのは、故人の遺徳を偲びつつ、今の今を生きる人と人の交流を促進するために行われる行事なのかも知れない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2010年05月30日 22:16
故人の遺徳を偲びつつ、今の今を生きる人と人の交流を促進するために行われる行事
そうなるための時間も思い出になっていくんですよね。
2010年05月31日 19:46
Pochiさん
そうなんです。
過去、現在、思い出してみれば、時の流れも思い出になっていきます。

この記事へのトラックバック