雨の日はタクシーで

雨が降っていたので今日はタクシーで出かけることにした。

ボランティア活動の一環で、ある所で打ち合わせがあったのだ。
予定では天気が良ければバスで出かけ、そこから10分ほど歩けば目的地に着く。
今の時期は陽気も良いからぶらぶら歩くのもいいかなと思った。

しかしこの雨では、あまり回り道をせずにちょうど間に合うように出かけた方が良いと方針変更。
タクシー会社は、電話をするとナンバーディスプレーでこちらを認識し、細かいことを言わなくても直ぐに配車してくれる。
秋田県内ではタクシーの迎車料金は無料。一時間前に予約したら定時に来てくれ、5,6分も乗ると目的の場所に届けてくれた。

我が家には、息子が就職のため上京して以来マイカーがない。
それ以前は私の車があって2年ほど運転したが、自分には合わないと思って止めた。
運転が怖かったし、仮になくても不自由ではないと思ったからだ。

今もその気持ちに変わりはない。
なるほど、あれば行くところを選ばないから便利だろうと思うけれど、どうしても車が必要な時はタクシーを頼めばよい。
秋田市内は、まだほどほどバス路線網が張り巡らされているし、あまり便利とは言えないが電車路線もある。
こうした公共交通を利用してもまだ足りないところはタクシーの利用で補うのだ。重い荷物や大きな物を運ぶためなら宅配便を利用すればいい。だいたい家具や家電製品は店が運んでくれる。
だから、車がなくてもあまり不便と感じたことはない。
秋田駅前の商店街までなら、我が家から最寄り駅まで10分ほど歩き、そこからは数分で秋田駅に到着するし、バスも20分前後で秋田駅に着く。

秋田駅まで出ると、市立図書館、県立美術館、県民会館、市立中央図書館、秋田市立千秋美術館、成人病センター、脳血管研究センター、西武秋田店、ジュンク堂、映画館、千秋公園、カレッジプラザ、パチンコ店、秋田ビューホテル、秋田キャッスルホテル、メトロポリタンホテル等々文化施設、公共施設、商業施設が備わっている。
また、ここからは各方面行きのバスが出て、県庁・市役所などの官庁街、県立図書館、文化会館、球場、大型電気店、大学、病院等々へ行くことができる。

今はモータリーゼーションが進展し、多くの人がマイカーを所有している。
私のような公共交通利用派は、おそらく少数派なのだろう。けれども駅前商店街などを利用して、いささかでもそれを支えているという自負がある。

県立図書館や文化会館、体育館等は市内でもバスの路線が複数走り、日中なら15分に一本くらいの便があるはず(秋田県内では驚異的に利便性が高いのだ)。もともとこうした施設の駐車場は面積が狭く、駐車台数が少ない。それは施設の設置者が、周辺の公共交通の環境を熟知した上で、あえて大きな駐車設備を設けなかったものだと思う。できるだけバスを利用して欲しいという願いを込めたものかも知れない。だいたい、図書館はバスでは持って帰られないほどの多数の本を貸してはくれないのだ。

私みたいな者を時代遅れというのだろう。
けれども、危機に瀕している公共交通を守るためにも、マイカー所有者の皆さんには様々なシチュエーションごとに交通手段の使い分けをして欲しいのだ。
通勤はバスと電車、郊外のショッピングセンターでの買物やレジャーはマイカー、秋田市中心部の公共施設に出かける時はバスと電車という具合に。
先日女房が首をかしげていた。あの大震災の後で、友人が墓参りに行くのにガソリンが買えなくて困った、どうしようと言っていたそうだ。女房は、バスで行けばいいのにね(バスは燃料の補給ができるようになっていた)、車を持っている人はそれ以外の選択肢があることを思いつかないみたいねと。

利用しなければ、公共交通は段々衰えていく。現に秋田市内のバスも路線がなくなったり、便数が減少している。
そのスピードを少しは落とすことができないだろうか。
県内も秋田市を除けばほとんどの市町村で公共交通は壊滅に近い状況だ。これらの地域では残念ながらもはや復活させることは難しいだろう。
しかし、せめて秋田市だけはどうにかして残したいと思うのだ。
他県の同規模の都市を見ると、まだ秋田市よりも公共交通が生き生きしているように見えるのだけれど。

先日、ふと車のドライバーを見ると、かなりのお年寄りだった。まっすぐ進み丁字路で止まり、左にウインカーをあげて右折していった。
時速20キロくらいの車が通りすぎていったが、こちらも高齢者だった。

これから未曾有の高齢社会に突入する。
交通事故や道路の渋滞などが生じるのではあるまいか。

さて、これから10年後、秋田市内の交通環境はどうなっているだろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 19

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

おばさん
2011年05月30日 22:01
ちょうど引越する時に、秋田市内で
路面電車を走行させる構想がニュースで
やっていたような気が
するんですが、市内の再開発が完成する頃に
路面電車も開通するといいですね。

私は、○崎に住んでいたので
やはり車がないと不便でした。
雪の日や病院の通院等は、
バスの料金がかなり高かったので。

人や住んでいる場所によって
考え方が変わってきますね(^.^)

黒柴
2011年05月31日 16:39
うちのあたりは車がないとむりですよーー
町内のお店屋さんはずっと昔にやめちゃったし。
バスは2時間に一本になったし。

前のおうちはお年寄り夫婦なので車を運転しないんですが、タクシーだと一回2000円以上かかっちゃう。
当然買い物難民がでちゃいますよーー


図書館だって対岸だから車なら15分、
バスだと路線が違うから、待ち時間をいれたら
多分2時間以上かかります。


秋田の方が公共交通、よさそうですね
タクシー送迎無料だし
2011年05月31日 17:20
かつて秋田市内には路面電車がありました。秋田駅前から○崎まで走っていました。単線でしたが大勢の利用客がいました。構想中のトラムはバスではないでしょうか。今の交通事情を考えると路面電車は無理なように思います。

車のある方には、○崎でも公共交通は不便に感じられるのでしょうね。複数のバス路線が走っていますし、JRの駅もあって、20年近く○崎に住まった私には結構便利なように思われますが、人それぞれ感じ方は違います。
御指摘のように、人や住んでいる場所によって考え方が変わります。
参考までに↓
http://gakkokamen.at.webry.info/200610/article_6.html
2011年05月31日 17:27
黒柴さん
そちらでもそうですか。
でも、季候のいいところですから自転車を活用する手もありますね。
タクシー1回2000円でも、車の維持費等々を考えたら、安いと思って利用しているかも知れません(私はそう思っています。)。
買い物難民はこれから益々増えますよ。
タクシーの”送迎”が無料なのではなく、”迎車”が無料なのです。
2011年05月31日 22:55
初めまして、気持ち玉有難うございました。
私の両親は広島の北部でかなりな田舎で暮らしています。
バスは、1時間に1本で夕方は18時が最終で、3箇所の病院通いの為、已む無く83歳の父が車で頑張ってますが、心配でたまりません(~_~;)
おばさん
2011年06月01日 00:39
勘違いでした、"トラム"でした。
金沢とかで利用されているものです。

昔の人間だから、路面電車のように思ってしまって
お恥ずかしい。(+_+)

誤解が生じたかもしれませんが、
○崎でも、御所野近くの病院に行くには
バス2回乗り換え又は、電車+バス乗り換えが
必要だったんです。
引越してまもなく、バスで御所野近く迄いくには
バスの停留所の路線通り走る為、非常に時間も
かかり、バスの運賃も往復2,000円以上かかりました。

それに較べると、車だと時間も短縮でき、
ガソリン代もかからず、時間とお金に優しかったん
です。

なので、やはり私は車派ですね。
危険と隣合わせですが・・・・
2011年06月01日 17:47
ヒメチョンば~ばさん
ウ~ム
どうにかならないのでしょうか。
大型タクシーの相乗りを進めるとか、行政が関与しなければ解決できない課題ですね。
全国各地でじわじわと大変な事態が進行しているような気がします。
これからもどうか安全運転で御無事でありますように。
2011年06月01日 17:59
車派は車派で結構ですよ。

御所野近くの病院というのは、日赤病院でしょうか。私なら○崎から日赤へは行かないと思います。組合病院や中通総合病院、あるいは大学病院は行きます。バスを利用する人たちはバス利用が便利な病院を選ぶと思います。私が○崎に住んでいた時は、もっぱら大学病院に通院しました。今住んでいるところも日赤までは大回りしなければならないので、行きません。
結局バスしか選択肢のない人は、そういう視点で考えます。買い物も通院も。
ただ、バスの利用者が減少していけば間違いなくバスは不便になっていきます。
気がついた時は遅いのではないかと心配です。
おばさん
2011年06月02日 11:54
ただ、バスの利用者が減少していけば
間違いなくバスは不便になっていきます。
気がついた時は遅いのではないかと心配です

確かにそーだと思います。
交通面で考えると、確かに近くの病院に行きます。
もう少し安ければ、バス利用するんですが
通院代等と合わせると一回だけで
かなりの費用がかかります。
冬場は、安全面も考えバスを利用していました。

最初、大学病院に行きましたが、
若い医師を紹介されたり、
インターンが問診に立ち会ったりと
プライバシーの面で嫌な思いも
しそうなので(大学病院だとどーしても
そーいう事が多々あります。)通院を止め、
組合病院は、土曜の診察を拒否され
結果、持病もあり専門性の高い医師がいる
病院を選択してよかったと思いました。

気分を害させてすいませんでした。

2011年06月02日 22:44
確かに秋田県内のバス運賃は高いような気がします。
しかし、それ以外に選択肢はありませんし、たまの利用ならマイカーの取得費、維持費を考えるとバスの方が安いのではないでしょうか。(たとえ○崎から日赤までだとしても)

大学病院はそもそも教育と研究の施設ですからそのようなことも止むを得ないと思っています。

自分にあった病院を選ぶことも大事なことですね。

ちっとも害していませんよ!

この記事へのトラックバック