本日 お施餓鬼

「あなた、今日は少ししか降らなかったね」と女房が言う。

あなたなんて珍しい。いつもは「お父さん」と呼ぶのに。
私は晴れ男。雨には滅多にあたらないのだ。

画像


やはりバスの便がなく、寺までタクシーで行くことにした。
11時半からのお施餓鬼だったから、到着してからたっぷり時間があった。
まず、境内裏手の丘陵にある墓へ。よその墓を縫って、ほとんど道のない坂を上がる。雨上がりだから土が滑る。ヤブ蚊もいる。刺されて痒い。
卒塔婆にはこのようなものがくっついていた。

画像


本堂で、いよいよ始まった。
初めての経験だから興味津々だ。
御詠歌の唱和が始まった。
白いシャツを着た女性6人が、御本尊の前で朱又は白い房が付いた鈴を振り鉦を打ちながら「仰げばうるわし」で始まる御詠歌を唱う。
その後、今年新盆を迎えた霊を祀る祭壇(御本尊と斜めに向き合うように置かれている。)の前に移りここでも御詠歌の朗唱。

太鼓の音が鳴って、続いてタラッタラッタ タラッタラッタ タラッタ タラッタ タラッタ タラッタという大相撲の寄せ太鼓のようなリズムを刻む。

僧侶6人登場。円をつくる。
そして住職登場。そこへ太鼓を叩いていた僧侶も合流。
般若心経の読経。
6人の僧侶が御本尊に向かって何度かひれ伏す。
続いて新盆を迎えた霊に向けて読経。
住職を始め7人の僧侶が読経をしながら円を描きながらぐるぐると回る。
そして焼香。

参会者には檀信徒がつくった食事が振る舞われる。

帰りの列車の時刻が迫っていたので寺を出た。
タクシーを呼んで過疎の町で開店している数少ない菓子店で待つ。
ここの店は百か日の法要で来た際に菓子を購入して以来ファンになった。
今日もパンプキンパイ他を購入した。
パンプキンパイは大潟村のカボチャを使ってパイを開発したのがこの店だそうで、甘みもほどよくしっとりしていておいしい。

画像


秋田駅に向かう途中、買ったばかりの菓子を頬張る。
秋田駅で遅い昼食。ラーメンと餃子を食べた。

帰宅。
二人とも疲れて昼寝した。

昨日のクラッシュタイプと違う従来型(ポーションタイプというらしい。)のマンナンライフの蒟蒻畑が届いた。
今夜はその両方を食べた。

明日もボランティアの研修会だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2011年08月26日 09:49
こんにちは

大きなお寺でのお施餓鬼ですね
我が町内は
小さな釈迦堂で
坊さん一人
町内20人ほどでの小じんまりしたものでしたよ
2011年08月26日 22:07
無門さん
何しろ初めての経験でしたので見るものすべて珍しく、感動の1時間でした。
田舎ですが格式の高いお寺です。

この記事へのトラックバック