我が母との非哲学的対話

父が元気な頃は全国紙と地方紙をとっていた。

老いてくると全国紙の方は難しいと言って止めてしまった。

父が亡くなった後も母は地方紙を購読し続けている。

しかし様々な筋からの情報によると、それも読んではいないらしい。

そこで先日「ばばあお母様、新聞の購読を止めましょうか」と聞いてみた。

「そしてどうするのよ」とのたまう。

「小学生新聞とったらえべ」と言うと、

すかさず「馬鹿にしなさんな!」と怒られた。


以前行くたびに言われていた。

私の後ろに回って後頭部を見ては

「お前、薄くなったね!」

最近毛生え薬に再び関心を持ち始めたのもこの言葉と大いに関係がある。


「お前、今何してるんだ」

「無職」

「・・・・・・・・」

「お前、今何してるんだ」

「だから無職」

「お前、今何してるんだ」

「ボランティア」

「お前、今何してるんだ」

「うるせえ!」

「・・・・・・・・・・」

「お前、今何してるんだ」

父は勤めを辞めた後も自由業で79才まで仕事をした。

母からは一切小遣いをもらわずに営業経費を稼ぎ出し、たばこ代、酒代、うなぎ屋の飲食代、家族へのおごり、孫たちへの小遣いの支出等々まかなった。それがあるから無職の私のことが心配らしいのだ。


数年前に福岡から買ってきた”おふくさん”の首がもげていた。

気づかれないようにそっとのせて置いたつもりが、直ぐに落ちてくる。

正直に息子に告白すればいいものを・・・・・・・・

本人もものすごく気に入っていたから京都で探してみようと思って忘れてきた。

その内また買ってやろう。


我が母

今月が誕生月

間もなく満で92才。

益々元気。

俺亡き後は妻子をよろしく頼むと言ってある。

この記事へのコメント

2012年03月04日 16:09
私の祖母と1歳違いのようですね。
父の方が大病をしたりしたので父も同様に気にしています。

新聞も読むだけじゃないみたいですよ。なんか利用価値があるみたいです、ご年配の方々には特に。
読むことよりもそっちがメインらしいのです。でも、何に利用しているのか謎ではありますが…。
黒柴
2012年03月04日 22:23
お母様お誕生日ですか~92歳!!

うちの母にはそれぐらい長生きして欲しいです。

しんぶん‥
子供しんぶんがとりたい~


2012年03月05日 09:15
仲が良いですね~優しいですね~

ちなみに私も3月生まれです(-^〇^-)
2012年03月05日 10:41
我が家は結婚以来主人の仕事関係で、新聞は{朝日」一辺倒ですが、現居の近辺では購読者が殆ど無いらしく、前日の夕刊が翌日の朝刊と一種に届きます。(笑)
きっと販売店からの距離がウンと遠いのでしょうね。
↑の末摘花さんのコメントにもあるように、新聞には「読む」他にも利用範囲は広いですよ。(笑)
2012年03月05日 13:12
お母様92歳
我が母93歳
お互いに頑張って90歳過ぎまで
頑張りましょうね
2012年03月07日 21:58
末摘花さん
長い間の新聞購読の習慣、ただ手元にあるだけで安心するのでしょう。これも新聞の効用の一つですね。
2012年03月07日 21:59
黒柴さん
間もなく誕生日です。
今日も行ってきましたが、自分が92才になることが信じられないみたいです。
お母さんもきっと長生きしますよ。明るい方のようですから。
2012年03月07日 22:01
みりんさん
実は私も3月生まれなんです。
2012年03月07日 22:14
桜桃さん
お互いにがんばりましょう!
2012年03月07日 22:18
きょんばさん
こちらは朝刊夕刊が無くて日刊のみです。
朝日は、弘前か青森で印刷しているので結構早く届きます。4時半頃にはバイクのバタバタいう音が聞こえます。
2012年03月08日 12:58
私、明後日お誕生日なんです。
生まれ月が一緒と聞いて、「目指せ!g母さん」ですぅ。いつもながら、お母様の返しに笑わせてもらいました。ますますファンになります。
2012年03月14日 22:42
oriverさん
お誕生日おめでとうございます!
私も今月ですよ。
これからもどうぞよろしく!

この記事へのトラックバック