秋田がらくた箱

アクセスカウンタ

zoom RSS いじめ

<<   作成日時 : 2012/07/14 20:56   >>

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 2

いじめによるらしい自殺。

何とも悲しい。

今度も学校や教育委員会の不適切な対応が問題になっている。

教育委員会が教育に関する専門の機関として機能しなければ、独立の行政委員会として存在する意義がない。

毅然と誇りを持ってその職務を誠実に遂行しなければ、住民の信頼を失い、やがてどこやらの市長のようにその神聖な領域に踏み込んでくる政治家が出てくるのだ。

時の政治から中立で公平・公正な教育行政に専任できるように設けられた機関が、このままでは自ら崩壊の道を歩んでしまうのではないか。

いじめによると見られる自殺がこれまでいったいどのくらいあったのだろうか。

再び起きないような事件の分析がどこまで行われ、それらの情報の共有がどれだけ行われたのだろうか。

いじめられている子供たちを助けてあげたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 24
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
g様  久しぶりにコメントさせてください。
g様、「毅然と誇りを持ってその職務を誠実に遂行」を今の教育委員会に求めることは、ムリです。私の嫁さんは、教員してますが、今まで夫婦で場合によっては戦ってきました。イデオロギ−の闘争でなく、学校の存在意義、子供を預かることはどういうことか?という単純だけで極めて重い課題です。一人のモンスタ-により何人もの教員が辞めても、同僚は助けることもなく、管理職は、そのモンスタ-と教員の個人的なトラブル?にしていますよ。そういう管理職が教育委員会から評価される。
たとえば、銀行強盗が銀行に入ってきて窓口の行員に「金を出せ!」とナイフ突きつけた時、この行員は、後ろの支店長に「強盗です!」と言っても、支店長は、「強盗とおまえの2人の問題だ、解決せよ!」と言われるんですよ。
だから、多くの場合、「見ない、聞かない、言わない」ことが一番になるんですよ。威力業務妨害や脅迫は日常茶飯事です。今回は、加害者の親がモンスタ−だったんでしょうね。学校を治外法権にしています。
教育委員会、そして、学校の役割が完全に変質しているんですよ。もう、期待しない方がいいです。教育委員会・学校の管理職は、自分の才量に収まる部下を後継者にする、それを繰り返すからますます粒の小さい人間しかその職に就けなくなる。これが、今の教育委員会、学校の管理職の多くの姿です。そして、そうした姿を隠していることが、今回でわかったでしょ?
まず、各県にある旧師範系の教育学部を廃止することが最初の一歩だと思います。公教育は、公設民営化していただかないとだめですね。教委もいらないでしょ。g様みたいな方が校長すべきです。
もう、一つの時代に終わりですよ。雑音がいっぱい入ってきますが、耳をすませると次の時代の胎動が聞こえてきませんか?

清心館管理人
2012/07/15 00:10
清心館管理人さん
私は教育現場には在籍したことがなく、教育関係者とも膝を交えて語ったことがありませんので実情はよくわかりません。
でも、今の現場の一側面についてはよくわかりました。
コメントをありがとうございました。

2012/07/19 15:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
いじめ 秋田がらくた箱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる