ミレニアムの読み方 Ⅱ

たった今ミレニアムを読破した。

面白い。

そのたった一言だ。

たぶん異論が大いにあると思うけれど広い意味での復讐譚かな。

私は復讐譚が好き。

モンテクリスト伯、日本物では猛き箱舟。

まともな書評なんて柄でもないから、感想はやっぱり面白いの一言。

以前ミレニアムの読み方(http://blog.honyomi.jp/201206/article_4.html)に書いたとおり本の紹介があるが、音楽の紹介もある。

第一部上p277「チュニジアの夜」、第二部上p462デボラ・ハリーの歌う「マリア」、第二部下p479「オン・ア・スロー・ボート・トゥ・チャイナ」。

このうち「チュニジアの夜」は海外輸入盤を購入して聞いてみたが、すごくいい。「マリア」はチェック済み、いずれ購入予定だ。「オン・ア・スロー・ボート・トゥ・チャイナ」はついさっきアマゾンからmp3を購入した。

しばらくぶりの読書。
悪童日記以来の充実した時間を送った。
http://blog.honyomi.jp/200907/article_16.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 16

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

keiko
2012年07月18日 22:12
今晩は。
記事とは関係ありませんけど
励ましのたくさんございました。
私もお母様もの記事、いつも興味深く読ませてもらってました。
2012年07月18日 23:07
『ミレニアム』はまだ読んでいません。
近頃トンと知的好奇心が薄れてしまって、ここ暫く読書から遠のいています。(恥)
しかしgakkoさんと愛読書が同じと分かって、嬉しく思います。
アガタ・クリストフは私も大好きです。
「悪童日記」他・三部作は、娘が「これ読んでみな・・。」と言って置いて行ってから、私の宝になっています。
後作?の「昨日」は、白地に黒字の素っ気ない表紙のハードカバーが、本棚の真ん中に陣取っています。
寡作でしたが、彼女は惜しまれる作家でした。
2012年07月19日 14:55
keikoさん
どういたしまして。これからもどうぞよろしく。
母親の観察は自分の行く末を見ているようです。
2012年07月19日 15:00
きょんばさん
いつもありがとうございます。
もし、ミステリーに関心がおありなら「ミレニアム」はお薦めですよ。是非お読みください。
悪童日記三部作は強烈でしたね。何とも不思議な本でした。「昨日」は知りませんでした。早速調べてみましたが、今は古書でしか入手できないようです。そのうち再刊なるかなと思っています。
2012年07月19日 15:27
きょんばさん
「昨日」は文庫で入手できそうです。
よく調べるべきでした。

この記事へのトラックバック