期日前投票

秋田駅のポポロードで期日前投票が行われている。

新聞社や通信社の腕章を付けた人がいるので、「出口調査ですか」と聞くとそうだとのことだ。
もうこの時点から出口調査を行っていれば他の調査や統計的な手法を用いた推計などでかなり高い確率で当選者の予測ができるのだろう。

だからメディアは、何日おきかでどの党の当選者は何人になるか予測記事が書けるわけだ。

そして投票日当日、投票が締め切られると間髪を入れずに当選確実が出るわけだ。

面白くない。

かつては、夕食が終わってから、ちびちびやりながら少しずつ開いていく票の行方を注視していたものだった。
それが面白かったものだ。

世の中進歩することはいいことだけれど、そこそこの進歩でとどまったりアナログの方が楽しいこともある。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2012年12月11日 22:49
全く同感です。
政治に関心が無くなって投票率が下がるのも面白くない傾向ですが、選挙後の開票状況の楽しみまで無くなってしまうのも面白くありませんね。
我が選挙区は三重県一区ですが、候補者の面々も面白くありません。
確実に当選者は前以て分かってしまっているのですから・・・。
愚痴ばっかり出る、今回の選挙です。
2012年12月12日 08:11
きょんばさん
そうなんです。
選挙は選ぶこともあるし、その結果に関心を寄せることも大事なこと。
開票作業は手作業。アナログですよね。そうやって一票一票確認する。
いくら予測がかなりの確率で当たると言ってもこの手続きは必要。
ならばゆっくりとその結果を待ちたいものです。

この記事へのトラックバック