一日一善?

昨日、秋田駅前にバスが到着すると、普段通りでない場所で停まった。

下車してどうしてだろうと観察してみると、空港からのリムジンバスが停まっていて、乗客の降車に手間取っているらしかった。

どんな人だろうと見てみると、杖から先に降りてきた。
見るからに足の不自由な人だった。
思わず「お手伝いしましょうか」と声をかけると「お願いします」とのこと。
まず、キャリーバッグを手に取るとなんと重いこと。
それをひきづりながら、彼女の方を見ると歩くのがおぼつかない。
あんまりじろじろ見るのは失礼だと思ってよく見なかったが義足のような補装具をつけているように見えた。
そこで、彼女の手を取って私の腕に摑まってもらった。
駅のタクシープールまでこうして一緒に歩いた。
東京から来られたそうだ。
歩きながら何度も何度も感謝の言葉をいただいた。

今日、病院の帰り、倒れた自転車の脇で横になっている男性がいて、そこへ女性が駆け寄ったところに出くわした。
直ぐに自転車で転んだとわかった。
その女性は一所懸命介抱を始め私たち夫婦も手伝った。
交番が直ぐ近くだったので女性が知らせに行きやがて警官を連れてきた。
本人はどこも痛くないし怪我もしていないと言うが、八〇歳代と見えるその男性の言葉通りとは信じがたい。
少なくとも打ち身打撲、下手をすると骨にも異常があるかも知れない。
やがて救急車も来て消防士があれこれ聞き取り始めたので我々はその場を後にした。

危ないのだ。今頃の自転車は。
雪が残り一部は凍っている。溶けた部分はぐちゃぐちゃになって滑りやすい。
雪道は決して自転車には乗るべきでないのだが、結構乗っている人を見かける。
自分で転んで自損事故になる人もいるし、滑ったところに車がやってきて大変な事故になることだってある。
乗っている人を見ると、思わず気をつけてとか、止めてとかいいたくなるのだ。

国道のバス停で。
除雪車が通った後、路側帯にどっかりと雪の塊をおいていったから、バスの乗り降りがきわめて不便だ。
歩道で待っていて、バスが停まってもその塊が邪魔で容易にバスに乗れないのだ。
今日乗ったバス停では塊の上に一筋人の足跡があったので、その踏み分け道を少し広くしようと、雪を踏みつけてきた。
さて、バスはその踏み分け道の前でドアを開けたから乗ることができたが、もし降りる人がいたらどうしただろうと思った。
秋田中央交通は中乗り前降り。乗るときは今の踏み分け道があるけれど、降りるところにはない!!!
この場合降車客は次の選択を迫られることになる。
雪の塊の上をずぶずぶ抜かり足を取られながら歩道まで出て行くか、バスが発車した後、車がビュンビュン走る車道を歩いて横断歩道のあるところまで行くか。

雪景色は美しい。
特に暖かい部屋から、雪がしんしんと降る様を見るのは、何とも素晴らしい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 29

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック