母よ!

なんと言ったらいいのだろう。

今日、母93歳が特別養護老人ホームに入所した。
事前に、ホームへ入所することはとうとう言えなかった。
デイサービスのことを「お風呂」と言っていたから、今日も「お風呂に行こう」と言って連れて行った。

一人暮らしが限界に近いことは、誰の目にも明らかだった。
未明の電話とせん妄(http://blog.honyomi.jp/201301/article_30.html)、度重なる救急搬送
http://blog.honyomi.jp/201206/article_8.html 
http://blog.honyomi.jp/201206/article_1.html)があり、最近では毎晩家内と二人、10時近くに訪問して寝る前の用足しと着替え、寝かしつけを行ってきた。

深夜、サイレンの音が聞こえると母の家の近くではないかと不安になり、段々遠ざかって行くとやっと安心できた。

父が亡くなって以来ほぼ十年間、一人暮らしをがんばってくれた。
もちろん毎日ヘルパーが訪問してくれたし、ALSOKは24時間警備。
有能でいつも細かいことにも気配りしてくれたケア・マネージャー、優しくて親切なホームヘルパー、包容力のあるドクター、見守ってくれた御近所の皆さん、近所の食堂の皆さん。
多くの皆様方のおかげだ。

最近の口癖は「何が何だかわからない」、「なして(どうして)こうわからなくなるんだろう」、「目が見えなくて」(でも針に糸を通せた)、飲食店でウエートレスに「きれいだね」、タクシードライバーには「お世話様」、私には「時々来てよね。あんたが頼りなんだから」、家内には「すまないね」。

養護ホームのプロの皆さんに見守られて安全安心な老後を過ごしてほしい。

それにしてもこの抜けるような解放感とそれとは真逆のずっしりと澱のように沈む忸怩たる思い。

ばばあ母よ、五年後の歳祝いを元気に迎えようぜ。
白寿と古稀。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 51

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ちゃろ
2013年03月19日 05:11
お母上の、なしてこうわからなくなるんだろう、のつぶやきが身にしみます。誰もがついにはゆく道を、明るく、たゆまず、飄々と歩んで来られたお母様の今のお気持ち、お察しするにあまりあり、また、題名の「母よ!」に込めたgakkokamen氏の思いのほど、あわせてお察し申し上げる次第です。
2013年03月19日 06:42
おはよう。
読んでいて何だか身につまされるおもいでした・・・
誰もが親が居たから今の自分がある訳で・・・
親との同居の私としてはgakkoさんとは少し違うのかも知れません
介護もきっと支えてくださる周りの皆さんによって成り立っている所もあるのでしょうね。
五年後の歳祝い・・・是非一緒迎えてに祝ってください。。。

2013年03月19日 11:06
読ませて頂いて、もう身につまされるというか…
タイトルの{母よ!」に万感の想いが込められて
いると思います。
五年後の白寿の祝いが楽しく盛大に迎えられますよう
お祈りします。
2013年03月19日 17:13
ちゃろさん
ありがとうございます。
いつか行く道、覚悟しております。
願わくはあと五年後に一緒に歳祝いをすることです。
2013年03月19日 17:16
きょんたんさん
ありがとうございます。
最近の母は同居したがっておりましたが、諸事情を勘案して無理と判断しました。
それぞれの行き方がありますね。
2013年03月19日 17:23
いつもばらいろさん
まさに万感の思いがこみ上げてきます。
にこにこ笑って顔をくしゃくしゃにした白寿の母の姿が想像できます。93歳の今も本人は82,3歳と思っていますので、その頃は米寿の祝いと思うかも知れません。それもまた良しです。
2013年03月19日 17:39
こんにちは

同じ世代ですね
まったく同じです
母は今年誕生日で白寿になります
今日も友人がぽつりと
一昨日の日曜日に義理の母を
彼岸へ送ってきたと・・
2013年03月19日 18:06
こんにちは

同世代として共感いたします
わが母も今年白寿
施設で元気にしていますよ
今日も友人が
義母を一昨日彼岸へ送ってきたと
行っていました
されど我らが時代ですね
2013年03月19日 18:41
無門さん
母上が白寿ですか。
素晴らしいですね。
我が母にもがんばってもらいたいと思っています。
2013年03月20日 09:23
はじめまして。
昨日両親と食事会をしたばかりでした。会うたびに支離滅裂になっていく母を見て、いつも思うことがあります。
自分自身と私の両親@91歳と85歳と重ねて、、、、心に切なく響きました。
2013年03月22日 16:56
花帆さん
遅くなりました。
ようこそ。
加齢に伴って様々な能力の衰退が進むのは仕方のないことと頭ではわかっていても、現実に直面すると悲しくなりますね。
自分たちもいつかは通る道ではあるけれど。
2013年03月23日 20:49
自然の摂理なれどどちらが正解かだ~れも解らない。
それでいい。
先日ガキの頃よりの親友を続けて2人見送った。普段は一年に一度逢うか合わぬかの状態だったが、急に逝ってしまったので一時腑抜け状態の自分にビックリ。
お年頃なれどなんだか出し抜かれて・・・・。なので倅達にには手に負えなければ姨捨山に届けてくれと言ってある。それでいい。
でも白寿と古稀が元気で祝えまます様に。
2013年03月24日 17:49
baisaさん
今は白寿と古稀の歳祝いを元気で迎えられるようひたすら願っています。

この記事へのトラックバック