続 汽笛が

ジャッチャケチ ジャッチャケチ ヒョーの追加記事。

当時の湯沢で、「お母さん」のことを「じゃっちゃ」と呼んでいました。
「お父さん」は「つぁ」又は「つぁー」。
ケチはお尻。
だからジャッチャケチがすごくおかしかったように思い出されます。

この擬音、
ジャッチャケチジャッチャケチは、動輪を一所懸命に動かすまさに蒸気機関車の発する音。
対してガッタンゴットンは、客車や貨車がレールの継ぎ目を渡る音。
だから、これはジャッチャケチジャッチャケチとまず蒸気機関車の一所懸命な姿を再現し続いてガッタンゴットンガッタンゴットンで客車や貨車の様子を再現すべきものと思われる。
なお、この際、汽笛はピョーでもヒョーでもポーでも構わないが列車の一体的な運行を擬するため、どちらか一つに統一すべきものと考える。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 72

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2013年10月09日 09:13
おはよ~っ^^
解るけれど・・・解らない。
ジャッチャケチジャッチャケチ+連結+ガッタンゴットンガッタンゴットン。
時々ピョー。
声を出してもロレツが・・・・。
楽しい~いなぁ~。
まったくっ!^^
2013年10月09日 10:10
baisaさん
そうか・・・・・・
今回はちょっと難しかったか。

ポーから始めます。これは発車の合図。
続いてゆっくりと、ジャッ(一呼吸置く。これは重い連結車両を引き始めるのですぐには動けない。
そしてチャッで少し動く。それから加速が付いて→)ケチ、ジャッチャケチ、だんだん加速するので早口でジャッチャケッチジャチャケチ、ポー(ヒョーでも可)、続いて連結車両部分に移り、ガッタンゴットンガッタンゴットン、そしてポー、これは連結車両とは離れた機関車から発せられる音なので遠くから聞こえるように、このあたりの技巧は難しいのでよく練習するように。
2013年10月09日 11:34
なるほどなるほど、納得納得。

ご説明の意味がとてもよくわかります。
さあ、これから行くぞ、みたいな最初の汽笛の音も
その後の動き出しの音も頭のなかではしっかりと
聞こえています。
なのに、それを擬音として表現しきれないのが
歯がゆいです。
特に最初の汽笛をずばり表す文字がみつからない
のが歯がゆいです。
ウーン!!

当時の湯沢の表現にあてはめて
「お母さんお尻 お母さんお尻 ピョー」ですね(笑)

2013年10月09日 11:47
テンプルさん
あなたのような良き理解者を得て、gakkoは世界一の果報者です。
ありがとうございます!!!

この記事へのトラックバック

  • 汽笛が

    Excerpt: 遠くで鳴っている。 Weblog: 秋田がらくた箱 racked: 2013-10-09 10:54