御御御汁とおつゆ

中学2年生の時、国語の先生が黒板に御御御汁と書いてこれをなんと読むかと問われた。

誰もわからなかった。

先生は、おみおつけと仮名を振られた。

最近そんなことを思い出して、一太郎で変換してみるとこうなった。

御味御汁。

さて、グーグルでは、いろいろな説、例えば御御御付けがあることを知った。

しかし、あの頃教わった御御御汁が一番近い感じがするのだけれど。

秋田では、味噌汁をおつゆと呼ぶ。

ずっと標準語と思っていたが、実は方言のようだ。

でもなんか、上品な感じがしませんか。

ちょっと砕けて言うと、おじげ

こっちの方はちょっとね。

この記事へのコメント

2014年12月26日 21:31
おみおつけ、確かにそうですね。最近、この言葉は使わないし、聞かなくなった感じがします。
「おつゆ」と言うと、味噌のように濁った汁系じゃなくて、すまし汁、醤油や塩系の汁を連想してしまいます
片靴
2014年12月27日 08:38
故郷は西日本ですけど、「おつゆ」を使っていました。
ただ、「すまし汁」系のものでした。
「味噌汁」は何と呼んでいたか、遠いとおい昔のこと、もう思い出せません (^^;)
2014年12月27日 15:09
小さな頃から 今の食卓でも おみおつけ おみそ汁
煮干のだしで それまでも食べる様にと・・・・
お客様には 入っていないので よ~く母に文句を言っていた記憶
それに自家製のお味噌なので 毎朝すり鉢を押さえて母の味噌擂りのお手伝い
食いしん坊だったので 何でも食べ物を作る時はそばから離れなかったと何時も笑われて・・・
も~う 母が亡くなった歳をとうに通り過ぎ准 仙人になって そんな事を思いだしています
そうそう 醤油味のは おつゆ おすまし と言っています
おみおつけは うま~いです 
仙人 思わぬ御御御付のお話し 楽しいですね
有難う
2014年12月28日 13:12
achisi さん
秋田ではおつゆは味噌汁。
おすましはすまし汁と呼ぶようです。
でも各家庭によって異なるような気もします。
2014年12月28日 13:14
片靴さん
西日本でも使っていましたか。
と言うことは結構普遍的なのかも知れませんね。
でも、おすまし系というのは秋田と違っています。
2014年12月28日 13:22
baisa さん
いい思い出ですね。
小学校の家庭科の時間、煮干しを細かく砕いて味噌汁に入れ、それも食べました。その頃は、タンパク質の補給のためにそんなことも必要だったのでしょう。
そちらもおすまし系ですね。
全国的に調べてみたら面白そうですね。
2014年12月28日 20:14
なるほど、勉強になりました。
2014年12月31日 20:01
降魔成道 さん
どういたしまして。
通りすがりのなまってるふと
2017年01月08日 13:26
おじげっこが正解だけど
ばんげ、おじげねながぁとも言うね。
ひっくるめてかやぎって言う年寄りも多いね

この記事へのトラックバック