誕生日などこの頃のこと

今日は66回目の誕生日。

子どもの頃は楽しい日だったけれど、今では嬉しくもあり嬉しくもなし。

朝、女房から「誕生日プレゼントの交換は止めるよ」と宣言されて、ちょっとショックだった。
それじゃ自分でゴディバのチョコレートでも買おうと、西武へ行くと、一緒に来た女房がベルトを買ってくれるという。
売り場に向かう途中にバーバリの店がある。先日、コートを羽織ってみたので、またのぞいてみた。春向きの品物があったので、試着してみると、袖を少し調整するだけで着られそうだった。今持っているのは、30年ほど前に購入した物ですごい愛着があるが、さすがにくたびれてきたので新しい物が欲しかった。心の中を見透かされたような気持ちになった。買ってくれたのだ。

昼食は、大昌園で焼肉。ここのランチはお値打ちもの。

千葉などの旅行から帰った翌日、女房が風邪で寝込んだ。私は(レトルトを買ってきて)おかゆを作った。氷水にタオルを浸して、それを絞りなずきを冷やしたりそれはそれはかいがいしく看護した。
http://blog.honyomi.jp/200812/article_33.html
その甲斐あって、翌日は私が風邪を引いて寝込んだ。
食欲もあまりなかったから、食事をとらなかった。
それでまた痩せた。

電子ブックを本格的に読むようになった。
きっかけは、吉川英治の鳴門秘帖。スマホで読むとこれがなかなか良い。ハードは軽く小さいから場所を選ばない。
作品自体も面白い。すらすら読めてしまうのだ。吉川英治の作品は高校生の頃読んだ宮本武蔵、それも第一巻だけだ。あっという間に読了したことを覚えている。鳴門秘帖も読みやすい。作者は読者の心をつかむツボを心得ているのだろう。。
次に読んだのがシナリオ仁義なき戦い。これも面白かった。私は映像作品は見ていないが、映画のシーンが目の前に広がるようだった。もちろんシナリオだから、行間を読み想像力を働かせなければならない。それがまた面白い。これまでに読んだシナリオは新幹線大爆破のみだ。実はこれも映画は見ていない。一気に読み終えた記憶がある。

最近、いろいろ本を読んだ。何故読めるか。酒を飲んでいないから。
今日も酒を飲んでいないので、記事を書くことができる。

66歳か。

この記事へのコメント

2015年04月02日 11:59
お誕生日、おめでとうございます。

吉川栄治さんの三国志を、USに来てから東海岸を旅行中にワシントンDCの日本マーケットで見つけて、文庫本一揃い買ったことがありました。電子ブックなどない30年くらい前のことです。長い話なのにスルスル読めました。
2015年04月07日 18:04
櫻弁当 さん
ありがとうございます。

本当に読みやすいですね。
他の長編にも挑戦してみてはいかがですか。

この記事へのトラックバック