北の岬

二日目、4月3日。朝から雨。

予報通りの雨だった。幸い大降りではない。

朝食はバラエティーに富んで良かった。
このホテルチェーンは一度札幌も利用したことがあるが、朝食が実にいい。

画像


ホテルを出て稚内駅に向かう。
予定どおりのバスに乗って、宗谷岬に向かった。

到着してバスを降りるとものすごい風雨だった。
出がけに買ったビニール傘はあっという間に骨が折れてよれよれになった。
家内の折りたたみ傘も同様。

それでも必死に最北の地に立った。

画像


間宮林蔵もさぞかし寒かろうと思った。

画像


開いている店に入って、しばし風雨を避ける。
ふと見ると流氷館の表示。
入ってみると、これが零下17度。

画像


画像


しっかりと流氷を確認した後、再び店に戻る。

帰りのバスを待っていると、香港から来たという青年と一緒になった。
ここに来るバスでも一緒だった。
「どうしてここに来たの」と聞くと、「北海道はまだ来たことがなかったので」と言うことだった。

再び稚内駅へ。
ここでバスを乗り換え、ノシャップ岬へ向かった。
バスを降りると岬が見えない。
運転手に聞いて灯台の見える方角に歩いた。

その途中、こんな消火栓があった。
雪が積もると見えなくなるから、その印を高く掲げておく。

画像


10分近く歩いた末、岬に到着。
ここもすさまじい風雨だった。

画像


画像


画像


また10分近くも歩く元気がないので、タクシーを呼んだ。

駅に戻る途中、大きなドームに立ち寄ってもらった。

画像


駅に戻り、昼食。

店に行って作ってもらった弁当はご飯が暖かくてうまかった。

画像


画像


この牛乳もうまかった。

画像


駅に隣接する市場にて。

画像


稚内の人たちに、聞かれた。「何しに来たの」と。そりゃそうだ。シーズンでもないのにこんな寒いところに今頃来るなんて。
でも、いいのだ。おかげでホテルは安かったし、町の素のままの姿を見ることができた。

画像


特急サロベツに乗って札幌へ向かった。
途中、だんだん周りに雪が増え、前日飛行機から見た景色と重なる。

画像


札幌駅に到着する直前、強風のため徐行運転。
20分近く遅れて札幌駅に着いた。

その夜は、叔父たちと会食。

画像


叔母から実に興味深い物を見せてもらった。
般若心経を絵文字で書いた巻物。
般若は般若の面の絵。腹は腹の絵。(般若腹)=般若波羅
昔、教会では字の読めない人のために聖書のエピソードを絵に描いて教えたという。
それがイコン。(転じてパソコンのアイコン。)
それの日本版かなと思った。

めろめろになって、うまい料理の写真を撮るのも忘れてしまった。

そして札幌の夜は更けていくのであった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 63

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

2015年04月10日 13:02
思い出深い旅になりましたね。
観光シーズンに有名観光地に行くのだけが旅行ではありませんよね。
貴兄のおっしゃるように、私もその土地・その町の日常、人々の暮らしぶりの方が
興味深いです。歴史上の有名人だけが歴史を作ったのではなく、それぞれの時代、地域に暮らしていた多くの民衆がいたことを忘れたくないからです。キリスト教会のステンドグラスに描かれた聖者などの様々なシーンも文字を読めない民衆のために判りやすく描かれたものだそうですから。その点、奈良時代の役人でも木簡に漢字を書いていた日本人はスゴイなあと平城京の資料館で感心した思いがありました。
2015年04月10日 18:32
こんにちは

寒さの極致を体感
これぞ最北の旅ですね
何に来たの・・・でしたか
地元の人には
そう感じるのでしょうね
2015年04月11日 18:21
有縁千里さん
その土地の市場で冷やかし、珍しい食材を手に取ってみて、会話を交わす。旅の醍醐味ですね。
消火栓一つにもその土地の気候がうかがわれ、しかも工夫の跡がしのばれます。
貧乏旅行、これからも続けたいです。
2015年04月11日 18:23
無門さん
まあこの時期宗谷に行く人は多くないです。
でも本当の宗谷の姿がわかりました。
寒かったです。

この記事へのトラックバック