うまい物 竿燈 セミ 古代ハス 手水鉢

8月3日、嬉しい来客があった。

長岡の花火などを見て、秋田へは竿燈の見物で訪ねてくれた。

竿燈の時間が差し迫っていたので、かなり早めの夕食をとった。

画像


こんな厚いヒラメの刺身です。うまかった。

画像


うまい料理と旨酒で会話も弾む。

画像


きりたんぽです。うまかった。

今時のセリなんて珍しい。苦労して手に入れているとのこと。

画像


そして、竿燈会場へ。

私たちも桟敷席におじゃまして見物。

初めての桟敷席。気分は上々。

画像


画像


例年に比べて見物客が少なかったように思えた。

秋田の夜は更けゆくのであった。


4日。

久しぶりにマジック教室へ。

すっかり忘れたETから教えてもらった。

相手の人差し指にロープをかけて、あれこれやって、ETのようにこちらの人差し指と接触する。

そしてロープをぐっと引くとああら不思議、二人の指を通り抜けて指だけが残る。

(意味不明の方は、勝手に想像してください)


5日

竿燈の組み立て。

画像


画像


画像


画像


そして古代ハス(大賀ハス)

お堀のハスとは違う。公園の中の胡月池の中で咲いている。

画像


画像


画像


画像



6日

公園の二の丸を保育園児の集団が通る。

「こんにちは!」と声をかけると「こんにちは!!!」と大きな挨拶が返る。

何人かがビニール袋を持っているので、中をよく見ると蝉の抜け殻が一杯。

そうなのだ、今年は蝉が多いのだ。

自然界で何かが起こっているのか。

全国的な傾向なのか、秋田だけの事象なのか。


驚くべきものを見た。

茶室宣庵の前にある手水鉢に犬をすっぽり入れて水浴びさせている”愛犬家”がいた。

記憶に間違いがなければ手水鉢というのは手を洗う場所。

ものを知らないと言うことは時として敵意を呼ぶ。

くわばらくわばら。


竿燈最終日。

雨にたたられなくて本当に良かった。

暑さ、とりわけ蒸し暑さにはまいったけれど。

観光客の皆さんに喜んでもらえたことだろう。

この記事へのコメント

2015年08月07日 11:14
こんにちは
久しくご無沙汰 また、いらぬご心配をお掛けしてしまいました
こんな楽しく美味しそうな世界が未練で まだまだ下界を離れがたく うろうろしています
お笑いくだされ
同じ水に漬かるにも ちょうず鉢の所作など無用なんでしょう
われもそれと同じ病院の所作 使い方を間違えたの態
まったくっ ねぇ~
人に治療をゆだねるばかりで無くて 自然に任せる道もあるらしいと先人が・・・
世は正にお盆休み 人並みにたのしみましょう
有難う
2015年08月07日 17:22
baisaさん
いやいやその未練こそが大事ですぞ!
下界には楽しいことがたくさんあるはず。
一つでも二つでも多く経験されてからでも遅くはない。
病院の選択が大事なことをここ二年ほどの間でイヤと言うほど知らされました。
次の病院が決まるまでゆっくりお休みください。

この記事へのトラックバック