会津若松 喜多方

31日、磐越西線で郡山駅を出ると、直ぐに線路の周りの積雪が増し、だんだん深くなっていった。

猪苗代湖の当たりが最深だったろうか。

ところが、会津若松はほとんど積雪がなかったし、乗り換えて向かった喜多方も同じような状況だった。

喜多方と言えば、ラーメン。
昼食には少し早かったが食堂に飛び込んだ。
写真はチャーシュー麺。

画像


少し太めの縮れ麺。
スープは、子ども時代に慣れ親しんだ、”ちゅーか”のそれだった。
あっさりした醤油味。
喜多方ラーメンと全国にその名をとどろかしただけのことはある。

画像


喜多方はまた蔵の町でもある。
市内のあちこちに点在した蔵を見て歩く。
歩道は広く商店も様々な業種が展開している。
ラーメン同様どこか懐かしいたたずまいの町だ。

画像


画像


画像


画像


画像


次に向かったのは会津若松。

最初はもちろん鶴ヶ城。

画像


最上階まで徒歩だという。怖じ気づいたけれど実際に上がってみると、様々な展示で工夫が凝らされていて、それほど苦痛を感じないまま展望台にたどり着いた。

画像


画像


ここも佐竹氏とゆかりのある土地だ。
城近くの福島県立博物館を見学。

駅までタクシーに乗った。
「雪がほとんどありませんね。雪の少ない土地柄ですか」とタクシードライバーに聞いてみると、いつもの年なら50センチから1メートルくらいの積雪があるのだけれど今年は異常だと言っていた。

小判型の会津塗の容器に入った弁当を購入した。
郡山から仙台で乗り換えたこまちの中で食べたが、美味。
弁当箱はそのままお土産になった。
ちょっとした行楽などには体裁のいい容器だと思う。

秋田到着。

翌日から暫く一人暮らしが始まった。
朝は、ベーコンエッグとミニトマト、レタス。コーヒー、牛乳、トースト、バナナにミカン。
昼はインスタントラーメン。夜はほとんど外食。
筋子とおでん、海苔の佃煮で夕食を食べたことがあった。

日中は、家内が東京から帰るまでほとんど毎日洗濯。
一枚も汚れ物を残さないまま洗濯機を引き継いだ。
やればできるのである。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 64

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

清心館管理人
2016年02月10日 13:36
ご無沙汰してます。g様 お元気で  好きなことやってますね。羨ましい限りです。 こちらやっと冬が来たみたいです。雪降りました。
あのね  近所から  真っ白な御岳が見えます。未だに山頂付近では行方不明の方みえますが、神々しくも近寄りがたいものもあります。いまでも、 白い水蒸気を盛んに噴いているのも見えます。
話変わります、松平容保は こちらの出身です。長兄の慶勝さんくらいの思慮があれば、領民にも過酷な運命を背を負わせることもなかったのに、また、龍馬さんの運命も異なってたと思うし、さらに、従って 戊辰戦争もなかったこともなかったかもと思います。 いろいろみなさんに意見があるとは思いますが、まあ、あくまで私見です。
さて、いま 高野さんが読んでいたという  「ものいわぬ農民」大牟羅良を読み始めました。
では、 g様  寒さ未だ続きます  ご自愛を! では!
2016年02月10日 19:46
感心 感心
やる気になれば なんでも出来なきゃ~・・・ねっ!
修行 修行 しょせん一人なり
有難う

2016年02月12日 01:04
喜多方ラーメンの写真に思わずよだれが・・・・
2016年02月12日 17:24
清心館管理人さん
いつもコメントをありがとうございます。

歴史の見方は人それぞれですね。だから面白い。
本も様々。周りの蔵書に振り回されています。
少しずつ読んでいきます。
2016年02月12日 17:25
araraさん
本当においしかったです。
もう一軒行きたかったのですが、お腹がいっぱいでどうにもなりませんでした。
2016年02月12日 17:33
清心館管理人さん
いつもコメントをありがとうございます。
歴史の見方は皆それぞれ。だから面白いのかも知れませんね。
高野さん関連の書籍を購読中とのこと頭が下がります。
当方も読書に励みます。
2016年02月12日 17:35
baisaさん
修行大事ですが、この仙人己に甘くてまだまだ極めることができません。
情けなや。
2016年02月12日 17:36
araraさん
おいしかったですよ。
機会があったら是非!
もう一軒行きたかったのですが、お腹がいっぱいでどうにもなりませんでした。

この記事へのトラックバック