しくじり 面影

まだおとといの疲れが残っているのかな。

午前中は、絵本の読み聞かせだった。
私の出番はマジックだ。
やることなすことうまくいかない。
いつもならすんなりできるロープマジックを失敗、ネタの札を間違える、ロープを指に引っかける、首にかけておいたネタを背中に落とす・・・・・・
かえって笑いをとったけれど。

終わって昼食をとろうと昔から評判の中華料理店に行くと外まで長い行列ができていて、入店を諦める。

少し歩くと、

画像


面影橋だった。

昔近くの牢から、この川の反対側の刑場までひかれていった人たちが、この橋から川を見下ろして、顔と姿形を眺め、その面影をとどめたことから、この名がついた。彼らは火あぶりに処せられた。その中には多くのキリシタンもいたとのことだ。
川の名前は草生津川(くそうづがわ)。昔原油が流れてくさかったから。この辺り一帯は八橋油田があったところ。

結局昼食は生涯学習センターの食堂で日替わりランチ。豚肉の生姜焼き定食だった。ワンコイン。

終えて向かいの県立図書館へ。
イザベラバードの日本奥地紀行に出てくる秋田病院の場所を特定したくて、資料を探しに来た。昨日古本屋で見かけた「秋田の醫史」。時間がなくて中身をちょっと見ただけ。

午後ボランティアの会議。

明日は9時からボランティア。

少し疲れてきた。
もう寝る。

それにしても、朝日新聞の連載小説、沢木耕太郎の「春に散る」、あれれという展開になってきた。
大好きな沢木のことだ。あっと言う驚きのフィナーレを見せてくれることだろう。

やっぱり寝る。

おやすみなんしょ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 48

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

湊山
2016年06月29日 13:22
イザベラバードは、土崎のお祭りを見ているんですね。祭り好きの病で原文まで読みました。確かに、高い高い曳山だったみたいですね。
あきさん
2016年06月30日 12:10
イザベラ・バードについては、昔の参考書で紹介されている以上のことは知りませんでしたが、北海道に向かう旅の途中で秋田に立ち寄っているんですか。
そして土崎港の祭りを見物し、旅行記に残している・・・秋田にとって貴重な記録になりますね。
2016年06月30日 12:31
湊山さん
いい時に秋田に来ていますね。旺盛な好奇心には恐れ入ります。おかげで明治初頭の頃の郷土の様子が良くわかります。

原文でお読みになりましたか。敬服!!!
2016年06月30日 12:33
あきさん さん
秋田では最近になってやっと注目されるようになった気がします。
各方面でもっと引用してもいいと思うのですが。いずれこれからです。
湊山
2016年06月30日 17:35
「山車に車輪が6個ついていた」っていう訳文があって、これは誤訳だろう、と思って、原文を確認した次第でした。やはり、6個でした。
2016年06月30日 21:24
湊山さん
「山車に車輪が6個ついていた」というのは、訳者はどなたですか。手持ちの「完訳日本奥地紀行2 金坂清則訳注」(平凡社)p171 13行目では「八つの巨大な車輪」とあります。
2016年06月30日 23:05
こんばんは。
面影橋、なんて素敵な名前なんでしょう!と、ロマンチックな由来を想像していたのですが事実は悲しすぎますよね。
ご無沙汰していましたのにご訪問いただきありがとうございました。
それでは、おやすみなんしょ。
湊山
2016年07月01日 10:48
"These were structures of heavey beams, thirty feet long, with eight huge, solid wheels." なので、8個ですね。6個は記憶違いでした。
2016年07月01日 12:22
テンプルさん
この史実を知る前は、いい名前だなと思っていました。でも、知ってからは、なんとも辛い・・・・・・
2016年07月01日 12:25
湊山さん
さすがです!
原典に当たることができるのは素晴らしい。

この記事へのトラックバック