どうしたことか

先日の食堂での出来事。

女子店員「お客様 注文の方大丈夫ですか」
えっと、注文の方って、ただ注文でいいんじゃないか?
何に一番びっくりしたかというと、
大丈夫ですか
最近は、どこもかしこも「大丈夫」ばやりで、もうあまり驚かなくなったけれど、今回ばかりは驚いた。

ホテルの営業マンとの打ち合わせ。
私をつれてその部屋に入ると、彼が奥に座り、私は入口の方に座らせられた。
どうも上座下座の概念が彼の頭の中にはないらしい。
帰り際に教えようと思ったけれど、止めた。
彼がそのことに気が付くかどうか、後は器量の問題だ。

某知事が辞任することになったらしい。
東京都の知事といえば、地方公務員のトップ。
だから飛行機のファーストクラスに乗るのもそれほど悪いとは思わない。
でも、家族との宿泊の費用やクレヨンしんちゃんまで政治資金で購っていたとなると、これは別問題。我が家の息子だって、しんちゃんは自分の小遣いで買っていた。
やっと辞任の意思を固めたという。
東京都民の皆さん、本当にいつもいつも大変な知事をいただいてお気の毒です。

この記事へのコメント

あきさん
2016年06月17日 13:46
私は生来、お節介な性質ですので、同じような場面ではついつい声を掛けてしまうんですよ。
相手が緊張しないように笑顔を作ってね。
20年ほど前までは男女を問わず、相手に恐縮されて、お礼を言われたものでした。こちらも気持ちがよくなるほど・・・。
ところが近年はダメですね。特に女性に多いですが・・・ブスッとして無視されてしまいます。
「どこの馬の骨か分らない爺さんにお説教される理由はないよ!!」と言う感じですね。
私も、「しまった、余計なことをしてしまった・・・・」ということになります。
湊山
2016年06月17日 14:15
土崎出身で、高校の後輩になります。大学は同志社でしたので、京都の後輩にもなります。過去の記事にさかのぼって、楽しく読ませていただきました。読者になります。
2016年06月17日 20:26
あきさん さん
やはりそうですか。
人に注意するのは難しいですね。
忠告を聞いて「良かった」と思ってくれたら話しがいがありますが、無視されたのではね。
素直に聞いて咀嚼してくれたらいいのに。
2016年06月17日 20:28
湊山さん
ようこそ!
中学校も同じかも知れませんよ。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

この記事へのトラックバック