キングダム

一巻から四十四巻まで読み終わった。

従妹が紹介してくれたもので、一、二巻を購入後暫く放っておいたのだが、読み始めるとこれが面白い。
既刊が四十数巻にのぼるというので、適当なところでストップしたのだが、また読書欲に火がついた。
結局デジタル版既刊の四十四巻全てを読了してしまった。

初め紙ベースの本で読んだのだが、複数巻になるとこれが結構いい値段だ。デジタル版の方が少し安いのを知って、Kindle版に切り替えた。

私は古本や貸本が苦手。だから大概新本を購入する。
この頃は、デジタル版がかさばらないし、文字の大きさを自在に変えられることから、こちらの方が気に入っている。

物語は、紀元前の中国が舞台。主人公の孤児の少年がもう一人の少年とともに磨いた武力を頼りに、大将軍を目指すという成長ストーリー。
ほとんどが戦闘場面だから残酷なシーンの描写も多いのだけれど、いわゆる漫画調で細部をリアルに描いていないから目を背けるほどではない。それも人気の一つだろうか。

四十五巻はデジタル版がまだ配信されていない。紙ベースなら読めるけれど、さてどうしたものか。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック