ぎっくら かっくん

一日中腰が痛かった。

翌日になるとだいぶ良くなった。

ところが、室内を歩いていて、両膝がかっくんと言って前のめりに転んだ。

もう駄目だと思って整形外科へ。
レントゲンで診ると腰部脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアとのことだった。
膝にヒアルロン酸の注射、リハビリで腰の牽引と電気(正確に何というかは知らない)。そして余り歩くなと女医さんがおっしゃる。

歩かないと体重が増える。すると糖が出る。運動しろと医者が言う。
どうすりゃいいんだ。

ぎっくりかっくん

この記事へのコメント

ウルルン(大阪府)高野悦子研究家
2017年04月06日 07:58
わたくしの医学知識から申し上げれば、歩くのは程ほどが宜しいでしょう。

肥満解消、糖尿病改善は、京都高雄病院の江部先生提唱の糖質制限が最善ですよ。

友人が40歳台なのに、医師から、「このままだと失明か脚を切断だ!」と脅迫?され、慌ててわたしも実践する糖質制限の食事を実行したら、15kgも痩せ、血液も正常になり、えらい感謝の言葉を頂戴する始末。先生にも推奨します
2017年04月06日 16:22
ウルルン(大阪府)高野悦子研究家様
御丁寧なコメントをありがとうございました。実は私も炭水化物制限食を実施しております。中途半端なせいかいまいち実感が湧きません。おすすめの糖質制限を検討してみます。ありがとうございました。
2017年04月06日 17:34
こんにちは。水泳とか水中歩行なんてのはどうなんですかね?腰に負担がかかりにくいけど、冷えちゃいますかね。
2017年04月06日 21:30
achisiさん
水泳は苦手ですが、水中歩行はきっといいと思います。問題はプールです・・・・・
温水入浴施設もありますが、少し遠くて。
あきさん
2017年04月06日 21:38
膝にヒアルロン酸注射・・・・私も経験しました。治るまで1年以上罹りましたよ。そして今は左肩にヒアルロン酸注射を続けています。
多分これも1年以上罹るでしょう。
腰は・・・うちの婆さんがかかっていましたね。結構長いこと整形外科に通っていましたよ。
年を取ると言うことはそういうことなのでしょうね・・・gakkoさんはまだまだ若いから、完全に治るまで続けましょう。
2017年04月07日 15:41
あきさん さん
夫婦そろって整形外科に通っています。
薬は増える一方、医者通いも重要な仕事と思うことにしています。

この記事へのトラックバック