苫小牧紀行

10月12日、秋田空港からボンバルディアで新千歳空港へ。

途中、少し揺れたが、まずは無難な飛行だった。

画像


秋田も新千歳もボーディングブリッジだった。この機種では初めての経験だった。いつもはいったん地上に降りてタラップを使って搭乗する。

画像


千歳からは路線バスで苫小牧に向かった。
途中、せっかくだからと思ってウトナイ湖を見に行こうと思った。
検索してみると、「ネイチャーセンター入口」で降りるらしい。

そのバス停からとことこ歩き出したが、行けども行けどもそれらしい建物は見当たらない。

画像


画像


画像


もう引き返そうかと思った頃、やっと発見した。
ところが入口に、平日休みの表示があってびっくり。ちょっと休憩したかったのだが、願いは叶えられず、しかも湖面すらも見えない。

画像


画像


小鳥のさえずりがあちこちで聞こえるが、葦にさえぎられて姿は見えない。
歩道が続いていたのでそちらへ向かってみるとやっと展望箇所が開けてきた。それでも見えたのは湖面だけだ。鳥の姿には遂にお目にかかれなかった。

画像


帰り道をとぼとぼ歩き出すと、背中に背負ったバックが急に重くなり、背骨が上から押しつけられるような感じになった。そして、太ももが丸太のように重くなり、歩く速度が極端に落ちた。時速1キロくらいだろうか。

画像


北海道の消火栓は黄色。

画像


足を引きずるようにしてやっと停留所に引き返した。

バスに乗ると体格の良いロシア人らしい外国人がズラリと座っている。空席がないかと目を皿にして探すと、あった。

バスが進行していくと、次の停留所が「ウトナイ湖」だった。後で聞くとここで降りるとすぐ湖に行くことができて、白鳥も見られるという。なんともはや。

それにしても、苫小牧は大きな町だ。東西に広い所だそうだ。途中見かけた団地は、北欧のそれのようなセンスのいいデザインの家屋が広い敷地の中に建っている。
イオンのショッピングセンターの大きさは半端ではない。端から端まで何百メートルあるのだろうか。

駅の観光案内所でその晩の食事処を紹介してもらった。候補を何カ所かあげてもらった。

ホテルにチェックイン。
しばし休息の後、夜の巷に繰り出した。

入ったのは、「すし なかむら」。
まずはイカの塩辛を頼む。うまい。塩以外の余計な調味料が入っていない。市販の物は、とにかく何やかにや入っていてお菓子みたいに甘い。本当の塩辛は甘くないのだ。秋田の市場で、甘くないものは無いかと聞くと、自分で造るほかないと言われた。それ以来北海道の寿司屋ではイカの塩辛を頼むことにしている。

画像


苫小牧ならホッキが有名だ。それとイカの刺身を頼む。

画像


画像


握りはおまかせにした。
なんと、トロではないか!感激。

画像


画像


追加

画像


十分堪能して、帰路についた。
しかし行けども行けどもホテルは見えてこない。
しかし、周りを見渡すとここはすごい飲み屋街だ。

画像


画像


画像


画像


画像


その光景を楽しむことしばし、迷ったことに気が付き通りがかりの人に聞くと、あっちとのこと。20分か30分くらいあるとのことだった。タクシーが見当たらなかったから歩くほかない。
途中で蕎麦屋を見つけたのでモリを頼んだ。

画像


やっとゴールイン。ベッドに倒れ込んだ。

この記事へのコメント

あきさん
2017年10月19日 16:38
gさんは日本中いろいろなところへ出かけられますね。今回は観光で苫小牧ですか、うらやましいですね(微笑)。
私はビジネスで港の近くの工業団地に行ったことがありますが、仕事が優先だったので観光地としての苫小牧の印象はほとんどありません。
料理の写真がどれもおいしそうなものばかりですね。量的にもたくさんあって、私にはとても食べきれないと思います。きっと大満足の旅だったでしょうね。
2017年10月19日 18:29
あきさん さん
実は観光ではないのです、後で書きますが。
仕事で行かれたのでは楽しむ余裕はなかったことでしょう。
あまり観光地という印象はありませんが、食べ物や飲食店が充実した町だと思います。
おいしい物を食べに行くだけでもいいかなと思っています。
ありぎりす
2017年10月22日 13:05
北海道は油断が出来ません。
お気をつけて。
学生時代友人と道東を自動車で旅行した時、
「イトーヨーカドーこのまま直進」と
看板があったのですが・・・
60Kmほど先だったことがあります。(^-^;
信号も無いので一時間足らずで着きましたが・・。
2017年10月23日 22:41
美味しそうですね~!特に塩辛が自然の色とつやで思わず喉がごくん! ずいぶん歩き回ったみたいですが、背中の方は大丈夫でしたでしょうか? ロシア人がなんでそんなところに?
2017年10月24日 19:57
こんばんは~

苫小牧への旅 観光ではないと書かれていましたが お仕事などを利用して観光を兼ねるのも一つの方法だと思います。
「ウトナイ湖」への移動方法、大変でしたね でも逆にのちのちの思い出になると思います。
大型イオンの実在には驚きました。
イオンは日本トップのスーパーとなっていますね。
2017年10月29日 21:33
イータンさん
ウトナイ湖はもう一度チャレンジしてみたいと思っています。
イオンはびっくりしました。小樽の旧サティーも大きいですけれど。
スーパーはどんどん大きくなっていくんですね。

この記事へのトラックバック