京都へ 3

24日。校友会の次に大事なことがあった。

朝は例によっておばんざいのバイキング。

画像


学生時代、母の伯母といとこたちが京都で暮らしていた。私はその方々に大層お世話になった。
一番下の従兄のお嫁さんが一昨年亡くなられたのを知ってこの機会を利用してお焼香に伺うことにしていた。
ホテルでぐずぐずしているうちに予定の時間に遅れそうになったので、山科までタクシーに乗った。さぞかし高いだろうと思ったが、安かった。秋田は高い。京都は観光客が多いこともあって、タクシー料金は比較的廉価な地域に入るとのことだ。

お宅にお邪魔して、お焼香。
じっと手を合わせているうちに涙がこぼれそうになった。

その頃、母の伯母もお元気で、訪ねるといつもすき焼きをたらふく振る舞ってくれた。ゴヤの展覧会のチケットを頂いて、着衣のマハと裸のマハを見たこともある。また、南座の顔見せのチケットも頂いた。初々しい玉三郎を見ることができた。

その叔母と一緒に世話をしてくださったのが亡くなったお嫁さんだ。
気の利かない私のことを嫌な顔一つせず、いつでも微笑を浮かべて歓待してくれた。イノシシの肉を振る舞ってくれたこともある。ある年、京都在住の記念にとおけら参りに行ったことがあった。夜遅くなったのに起きて待っていてくれた。思い出は尽きない。ただただ御冥福をお祈りした。

三条京阪まで出てそこから京阪電車に乗り換えて四条へ。
高島屋のおもちゃ売り場でマジックの仕掛けを二種類購入した。
昼食は、7階へ。京の食べ物のイベントが開催中で、蕎麦を食べた。
後は村上重の漬け物と草餅を購入した。

画像


今回は観光らしい観光をしていない。
そこで情報通の従妹が教えてくれた京都浮世絵美術館へ行った。

画像




”将軍と京都”展。京都の各地へお出ましする将軍の様子が色鮮やかに描かれていた。ふと、絵師や摺師がこの光景を直に見たことはあるまい、これはあくまでも想像の産物なんだと思うとかえって面白くなった。面白いクリアファイルを購入した。

八条口からバスで大阪空港へ。

無事秋田へ着いた。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック