京へ筑紫に板東さ

応仁の乱の頃、「京へ筑紫に板東さ」という言葉がはやったそうだ。 どこそこへと言うのは京都、どこそこにが九州、関東はさ。 関東のさが東北に定着し今でもお国言葉ではさだ。 言葉は同心円状に広がり周縁の地に定着するそうだから、関東から広がって東北に残ったのだろう。 どさいぐ ゆさいぐ     秋田では、どさえぐ ゆっこさえぐ…
コメント:3

続きを読むread more