京へ筑紫に板東さ

応仁の乱の頃、「京へ筑紫に板東さ」という言葉がはやったそうだ。

どこそこと言うのは京都、どこそこが九州、関東は
関東のが東北に定着し今でもお国言葉ではだ。

言葉は同心円状に広がり周縁の地に定着するそうだから、関東から広がって東北に残ったのだろう。
どさいぐ ゆさいぐ    
秋田では、どさえぐ ゆっこさえぐ。名詞の後に「こ」をつける。
どこへ行く 風呂に行く
北東北三県に行くと、必ず聞かされるはず。方言の代表例として。


実はこの言葉、

朝日新聞の連載小説「青銭大名」(東郷隆著)で知った。