なんともはや

今日の国会のドタバタは何という茶番劇なのだろうか。

震災対策のスピードが遅いと批判しながら、今日の不信任案の提出は結局、更に遅れさせただけではないか。

辞めさせて誰と首を挿げ替えるつもりだったのだろうか。

いっそのこと小沢さんなら許すけどね。彼の豪腕とやらを発揮してもらおうではないか。

解散総選挙に打って出ることができにくい状況下での不信任決議案の提出というのはいったい何なのか。


ベストがいなければベターを選ぶ。

そのベターが一所懸命にがんばっているのなら今しばらく任せておいたらいいではないか。

未曾有の緊急事態だ。誰がやったっておそらくにたりよったりだろう。


それにしても民主党のていたらくは何だろう。

政権交代時に戻ろうなんて、人ごとみたいに言っている輩がいる。

自分たちがやったらいいではないか。

菅さんを追い込んでおいて、震災対策に一定のくぎりがついた段階で辞任するという発言を引き出して、今回の事態を終息させた。

でもなあ、彼の震災対策に不満だから不信任案が提出されたんではなかったか。

小沢総理大臣 鳩山外務大臣 谷垣防衛大臣 山口財務大臣と最強の布陣で挙国一致内閣をつくるか。

"なんともはや" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
ホームページアドレス
コメント[必須入力]