大日堂舞楽

鹿角市の神社で行われる大日堂舞楽は今日がその日だ。

未明から始まり午前10時頃がピークになる。

http://blog.honyomi.jp/200512/article_25.html

http://blog.honyomi.jp/200807/article_31.html

その日のことは今でもはっきりとおぼえている。

抜けるような青空、体の芯まで凍てつくような寒さ。

小さな舞台。

次から次と繰り広げられる多様な舞楽。

こんなことを思い出したのも、大晦日の夜、私が泊まったホテルに停まったツァーバスの看板が”大日堂舞楽と平泉の旅”とかになっていたからだ。

ユネスコ無形文化遺産にも指定された。

一番は五大尊舞

http://www.ink.or.jp/~kankou18/
写真の金色の仮面にはのぞき穴が無く外の様子が見えない。

だから舞台に上がるときは前の人の肩に手を置いてついていく。

慎重に自分の立ち位置を確認してから、舞い始める。

この五大尊舞を見るときは、そういうことにも注目してもらいたい。

鹿角大好き!

"大日堂舞楽" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]