とりあえず今日を生き、明日もまた今日を生きよう

なだいなださんが亡くなって彼の著作を大急ぎで取り寄せた。

これまでまともに読んだことがない。
「娘の結婚」は購入したことがある。でも読んでいない。
今回初めて読んだのが”とりあえず今日を生き、明日もまた今日を生きよう”だ。

くねくね人生を歩く
こころはこころで読む
「うつ」をどう乗り越えるかなど
全6章と付章の「カルペ・ディエム(今日を生きる)」

文体は易しく読みやすい。
うつ病やアルコール依存症について紙幅が割かれ、それらで悩んでいる人たちには参考になるだろう。
本全体を通しているキーワードは、カルペ・ディエム。
ラテン語で”この日を摘み取れ”。
「今日一日を生きる」、がんになっても、そのように考えればいいのです。とりあえず今日を生きる。
とりあえず今日は生きているんですから。それにだれだって明日死ぬかも分からないんです。したいことは今日やる。楽しみたければ今日楽しむ。
(同書p201)

今日だけは酒を止める。それを毎日続ければ断酒につなげることができる。
今日一日だけパチンコを止める。

今日一日をしっかりと生きる。
せめて今日だけでも。
それだけならできそうかな。


"とりあえず今日を生き、明日もまた今日を生きよう" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]