今年もいろいろありました

昨日は、今年最後の忘年会だった。

気の置けないかつての職場の仲間が集まって、およそ20年くらい前から開催している。
会場もここ数年は同じ。

食べ物が実にいい。

画像


ノドグロの煮付け。

画像


画像


いろいろ情報交換しながら更けゆく暮れの宵を楽しむ。


先月の5日、母の葬儀の前日、道路を歩いていると急に左胸が痛くなり、しゃがみ込みたくなるほど何度も発作が起こった。
そして数日前にも痛み出したので、26日、病院に行ってきた。
心電図、血液、レントゲン、エコーなどの検査の結果、心臓の異常は認められず、当面様子を見ることになった。
血圧がいつもより高いので、理由を考えてみたら、ドクターが若くてきれいな女医だった。
また具合が悪くなったらいつでも来るようにということだったが、毎日行ってもいいと思った。

孫も東京からやってきたので、絵本を読んだり、マジックを見せたり、そり遊びをしたり、思い切り祖父役を演じている。
母が住んでいた家に行きたいというので、連れて行くと玄関前の雪に長靴でぺたぺたと足跡をつけ始めた。
どうしたのか聞くと、彼女のひいおばあちゃん(私の母、先月他界した)がやってきたら、これを見てもらって「私が来たことに気が付いてもらう」のだそうだ。

午後その母の家に行き、神棚に御神酒を上げてきた。

夕方、恒例になったミスタードーナツの福袋を購入に行った。

今夜はすき焼きだそうだ。
ここ数年、ホテルに宿泊し、和食レストランで年越しの食事をするのが習わしだったが、母が亡くなった今、もはやそこまですることもない。

今年も大勢の皆様にお世話になった。
とりわけこのブログを応援してくださった皆様、ありがとうございます。

来年もどうぞよろしく、良いお年を。

"今年もいろいろありました" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント