この頃のこと

年末風邪を引いた。

咳が続き辛かったが、やっと治った。

この間の昼飯各種。

ワンプレートは、豚肉の生姜焼き、ミニハンバーグステーキ、白身魚のフライ。
そのフライをサクリとかじると突然懐かしい思い出が蘇った。
四〇数年前、大学生協の食堂で食べた白身魚のフライ。時々記憶の片隅の味が突然思い出されることがある。その頃はメルルーサのフライと書かれていた。

画像


同じレストランのカレーライス。
肉とタマネギだけ。しっかり煮込まれているからほとんど原形をとどめない。ニンジンも芋も入っていない。こういうカレーが好きだ。

画像


富山ブラックラーメン。秋田大学の食堂。
本場富山でこれを注文したら、店員がしきりに御飯も勧めた。
かなりしょっぱいからそういう組み合わせがいいのだと思った。
ここのはマイルド。

画像


昨日、朝食を抜いて胃カメラ。
終わってから、御褒美を兼ねて、まず焼肉、続いて場所を変えて天ぷらそば。
案の定体重が増加していた。

そして今日は刺身定食。

画像


12月27日から酒を飲み出した。
松の内が終わる1月8日から再び禁酒の予定だったが、胃カメラの結果、異常がなかったので祝杯を挙げ、暫く延期することにした。

孫は、じいじ(正月期間中、厳しい指導を続けた結果、やっと”おじいちゃん”と呼ぶようになった)とそり遊びをしたがったが、あいにくの少雪で、期待に応えられなかった。

右膝の上部(太もも)がかゆかったので、掻いたら皮がむけ、皮膚科を訪れると化膿しかかっていると言われ飲み薬、塗り薬を大量に頂いてきた。
誰も塗ってくれないから、自分で治療に精を出している。
これからの男は一人で何でもできなくてはいけないのだ。(亡き母の口癖)

鼻の粘膜がかゆく、上から押さえるようにして刺激していたら、鼻血が出てきた。

皮膚もあちこちかゆい。早い話が加齢とともに干からびて来たから、クリームなどで保湿しなければならないのだろう。
歳をとることとは、なんともやっかいなことだ。

昨夜から降った雪も、今日昼にはほとんど溶けた。
しかし、歩道の日当たりの悪い部分は圧雪されてつるつるになっていた。

画像


画像


今年初めての絵本の読み聞かせ。
私はどちらかというとマジックの方が期待されているみたいだ。
だいたい子どもより大人の方が喜んでいる。

今年もこんなあんばいであっという間に日数が過ぎていきそうだ。

"この頃のこと" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
ホームページアドレス
コメント[必須入力]