ありがとうございました

ネットニュースで今日限り閉店することを知った。

矢も楯もたまらずその店に行ってきた。
生前両親がお世話になった店だ。

店主はじめ従業員が何くれとなく世話をしてくれた。

DSC_0014_edited-1.JPG

両親ばかりではなく、高齢者や障がい者に優しかった。

こんなことがあった。
ある夏の日、昼食を終えて帰ろうとするおじいさんに(今では私も立派なおじいさん。人のことをおじいさんなんて言えた義理ではないが、)みんなが声をかけた。「あちがら休んでいって」(暑いからもう少し涼んでいって)と。聞けば一人暮らしの方でたまに食事に来るのだという。

ある日曜日の夜、午後8時で閉店なのだが、間もなくその時刻になるというのに、みんなにこにこして誰かを待っている風だ。それとなく聞いてみると、毎週その時刻にラーメンを食べにやってくる障がい者がいるというのだ。

父も時々昼食をとりに来ることがあった。私も誘われていくと、入店するなり明るい大きな声をかけてくれる。元気だったか?体調はいいか?奥さんはどうしてる?

その店が今日で閉店。
かつてないほど大勢の客で込んでいた。

焼肉定食はいつもと同じ。店主の高齢が閉店の理由と言うが、最後の最後までプロの矜持が感じられた。


しっかりとお礼を言って辞してきた。
長い間ありがとうございました。

DSC_0005_edited-1.JPG



"ありがとうございました" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。