好々爺

若い頃、歳をとれば人は皆好々爺になるものと信じていた。
様々な社会経験を積み酸いも甘いも噛み分けて老成するのだろうと思っていた。
しかし、そうではない。
自分を見れば良くわかる。ただ漫然と歳をとるだけでは人間そう簡単に好々爺になどなれるものでは無い。
日々の反省と不断の努力を積み重ねなければならないのだ。
人間まだまだできていない。
こんな悩みは棺桶に入るまで続くのだろうか。

"好々爺" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。