ぎっくら かっくん

一日中腰が痛かった。 翌日になるとだいぶ良くなった。 ところが、室内を歩いていて、両膝がかっくんと言って前のめりに転んだ。 もう駄目だと思って整形外科へ。 レントゲンで診ると腰部脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアとのことだった。 膝にヒアルロン酸の注射、リハビリで腰の牽引と電気(正確に何というかは知らない)。そして余り歩くなと女医さんが…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

68

とうとうこの日を迎えた。 今日は68歳の誕生日。 そんな年を迎えた実感がさっぱり湧かない。 相変わらず自堕落な暮らしを送り、頭と体は日々確実に衰えて行っているが、気持ちだけはまだ若い。 友人知人で鬼籍に入った人も少なくない。若くして亡くなりどんなに悔しかったろう。 その人達のためにももう少しがんばって、少し…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

由利・庄内紀行

3月16日、ひな街道へ。 最初に訪れたのは天鷺(あまさぎ)村。 旧亀田藩の城跡。 亀田藩には、真田幸村の娘お田の方が嫁いだ。 その墓もある。 実はこの亀田藩、幕末にたいそう割を食った。 というのは、戊辰の役が始まった当初は、官軍側だったが終わった時は幕府軍だった。官軍のままだったら,明治維新後それなりの待…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

降りる

先日のこと、停留所にバスが止まると、女性が椅子から立ち上がった。 すると、その女性の動きを封ずるような形で立っていた年配の男性が、「降りる」と言った。 意味を判じかねた女性が,かいくぐって出口に向かおうとすると、また「降りる」と言った。 この場合、「降りる?」なのか、「降りる!」なのか私にも良くわからなかった。 はっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

わからないことだらけ

頭の悪い私にはわからないことが多すぎる。 1 森友学園に売却された土地は、もし評価額とゴミの撤去費が同額の見積もりなら、評価額-撤去費=0になるから、ただで譲渡されたのだろうか。 2 行政の側に、的確に撤去費を見積もる知見が無ければ、普通は民間の業者などその能力のある者に委託するのではないだろうか。 3 写真で判断する…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

京都の朝 夜 など

例によって京都の朝、二日分。 2月25日 朝、ホテルのレストランに入ると、近くの女性がスマホで音楽を聴いているらしかった。 私の好きな音楽ではない。イヤホンをしているところを見ると、どうも音漏れがしているようだ。何度か注意してやろうと思ったが、その内、出て行った。しかし、しかし。音楽はそのままなのだ。何のこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

城南宮 しょうざん 舞妓 将軍塚

2月24日秋田空港を発って大阪空港へ。 秋田は吹雪 大阪は曇りだった。 この後の行程は、迷いに迷った。 最初は、大阪府唯一の村千早赤阪村に行こうと思った。 ここには日本百名城の一つがある。 しかし、どう考えてもこの時期はふさわしくない。もう少し暖かくなってからの方がいいと思った。 次は、美術…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日も今日とて

一週間ほど前から風邪を引いている。 熱は無いから風邪だと思うが、咳がなかなか抜けない。 薬は、シロップと漢方。 痰は止まったから、後は時間の問題と思う。 先日は、家内が買ってきた飲む点滴甘酒も服用した。体が内部からほっこりと温かくなる。いいもんだ。 昨夜は、家内がおととい行ってきた湯沢市三関のセリづくしだっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

えぐどー しょりこー

わかりやすく書き直せばこうなります。 行(え)ぐどー 橇(しょり)こー 「こ」は秋田弁で名詞の下に付ける。 子供達が雪の山に登って、橇で滑り降りる時、このかけ声をかけます。 もう60年くらいも昔、秋田県湯沢市に住んでいた頃。 さぼやかんこちゃん、さとちゃん達と遊んでいた頃。 他の地域ではどうなるのかな…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

”雪 ゆき snow” + 歌声喫茶カンプレ45

12年前の今日、このタイトルの記事で始めたのがこのブログ。http://blog.honyomi.jp/200502/article_1.html よくまあ続いたものだと思います。 これも大勢の読者の皆様のおかげ。厚く御礼を申し上げます。 いよいよ13年目に入りますが、これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。 トップ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

今日も雪

去る7日、ドサリと降った雪を寄せて、やれやれと思ったら今日も降った。 7日の雪は、軽くて除雪が楽だったが今日は重い。 下手をすると腰や膝を痛めかねない。 こんな時は本当に憂鬱だ。 7日の時も今日も、除雪車は来ない。 共助だとか自助だとかでなるだけ自分たちだけでやらせる算段だ。 今はまだ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

キングダム

一巻から四十四巻まで読み終わった。 従妹が紹介してくれたもので、一、二巻を購入後暫く放っておいたのだが、読み始めるとこれが面白い。 既刊が四十数巻にのぼるというので、適当なところでストップしたのだが、また読書欲に火がついた。 結局デジタル版既刊の四十四巻全てを読了してしまった。 初め紙ベースの本で読んだのだが、複数巻にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体が燃える

数ヶ月前からどうしたわけか体が燃えるように熱い。 熱があるわけでは無い。 皮膚を触ってみても熱いわけでは無い。 ただ熱く感じるだけだ。 どこか悪いのだろうか。 頭が悪いのは自覚しているが、その他にどこか。 神経系かな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の秋田市

昼食にきなこ餅を2個食べたから、少し歩いた方がいいと思って、秋田駅前に行ってきた。 買物広場で降りて、宝くじ売り場へ。まず、本日の運試しにスクラッチ3種類を購入した。残念ながらウンが無かった。次に既に買ってあったロト7とロト6のはずれの確認。予想通りはずれだった。いつか何億円かを当てたいと思っているが、命との勝負だ。当たる前に死ぬ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

甲信紀行3

長野の朝食。 戸隠へ。 もちろん目的は蕎麦だ。 バスは曲がりくねった道を通りドンドン山の中に入る。雪が深くなる。 やっと到着して、戸隠神社へ。ここで御朱印をいただく。 降りてきて、とにかく開いている蕎麦屋に飛び込んだ。このシーズンやはり閉じている店が多いように見えた。 バス時間が迫りあ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

甲信紀行2

1月23日。 実にシンプルな朝食。昔の旅館はこんなものだった。 さて、この日はまず松本に向かった。 列車の中から望む甲斐の山並み。 険しい階段を上る。 降りるのは、上る時と同じ体勢で(階段に体の正面を向けて)下がってくるのが楽だと思ったが、一番いいのは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

甲信紀行

1月21日上京。 秋田駅のホームで珍しい光景に遭遇した。 新幹線ホームに在来線の車両が停車していたのだ。 実はこの車両、普段は大曲駅と盛岡駅間の田沢湖線を走行する。 普通、新幹線は標準軌だけれど在来線は狭軌だ。しかしこの路線だけは、ボディーはそのままに、車軸を標準軌にしているのだ。だから、新幹線ホームに入ることができる。ちな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昔懐かしいソリ

おそらく今では、六十代以上の人でなければ知らないのではあるまいか。 孫が雪遊びをしていると御近所の方が貸してくれた。 座席が高いから子供が座りやすい。 また、背もたれがちょうどいい位置に来るから押す方も楽だ。 子供の頃、押したり座ったり、役割を交代して遊んだものだった。 今では、プラスチックかFRP製の、平たい底のソリ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

今年もお世話になりました

滅多にない好天気の大晦日になりました。 太平山(1170m)もくっきりと見えます。 平地には雪がありませんが、やはりお山は冠雪しています。 この山は、秋田市の北東部に位置し、いわゆる鬼門封じになっています。 結構きつい山で登るのは大変ですが、中には毎日山頂を目指している人もいるそうです。 昨日は今年最後の忘年会…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

秋田のうまい物 トンカツ

月に一回クリニックの帰りに立ち寄るトンカツ屋。 トンカツはもちろん揚げ物がものすごくうまい。 油はしつこくなく、しっかり揚がったパン粉はほとんどばらけない。 写真はトンカツにかきフライを二個追加したもの。 秋田市仁井田 とん喜
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

この頃のこと

もう終わってしまったけれど、先日、県立美術館の特別展 さすらいの画家斎藤真一展を鑑賞してきた。 身も心も凍り付くような氷点下の世界、真っ赤な夕日、肌をさす空気、そして必死に生きる瞽女たち、一枚の絵の中に凝縮されている。自分も絵の中にとけ込んで瞽女たちとその世界に生きているような錯覚を覚えた。 時々、バス停で一緒になる視覚障害…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

孫のじゃんけん

先日のこと。 娘から携帯で電話が来た。さっきの電話はどうだったかと言う。 えっ、固定電話なんか鳴らないよ。 NTTからケーブルテレビ会社の有線電話に契約を変更したから、娘の家の固定電話との間で無料通話ができるかも知れないと思って、電話をかけてもらったのだ。もし、無料なら、通常のベルの前に信号音が鳴るという。 信号音も鳴ら…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

消えた路線バス

バスを待っていると、遠くに見えてきたので、あと少しで到着すると思った。 しかし、そのバスは、私が待っている停留所の直ぐそばの十字路の直前でふっと消えてしまった。 見えた時、交差点の信号が赤に変わったので、一度そこで停まるから、後もう少しの辛抱だなと考えた。いったん視線をこれからバスに乗って行く方向に変えた。 そして、そ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

響き SpecialⅩ 柴田周子+荻田ヒサ子 

今年もマンドリンとギターのコンサート響き Specialが開催される。 日にちは12月3日(土)午後2時開演 所は横手市かまくら館 お代は、前売券 3,000円、当日券 3,500円。 問い合わせは  コンサート響き実行委員会 0182-32-9438 皆さんこぞって        行ぐべし
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

北陸紀行 5 富山 東京

10月31日、ホテルは朝食が付いていなかったので、駅で松茸弁当を買った。 時間があったので、駅構内を歩いていると大きな土産物売り場がある。そこで、白エビの天丼を売っているではないか。 朝飯はこれだ! 暖かくさくさくして実にうまい。 ところで富山といえば、売薬が有名だ。子供の頃紙風船などのお土産を持った…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北陸紀行 4-2 富山

自動改札ゲートを通ろうとすると、シャットアウトされる。 だから、駅員のいるゲートに行く。 すると、「このチケットは座席を特定してますけれど、その料金を支払っていることを証明していません」(おおむねこのようなことを言われた)。 おいおい、秋田駅でちゃんと払ったんだよ。 けれど、指定券の座席を自動機で変更したことを思い出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北陸紀行 4 金沢 富山

10月30日金沢二日目の朝。 まず、二十一世紀美術館に向かった。 ここで、無料で見学できるプールー下にいる人たちが水中にいるように見えるーを見物する。 続いて、長町武家屋敷跡へ。 ここの足軽資料館が見たかった。 大急ぎで近江町市場へ向かう。 そしてウニを食す。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北陸紀行 3 輪島

10月29日、快晴。 まずは腹ごしらえから。 少し控えめにした。 観光バスわじま号に乗る。 初めは、輪島の朝市。 続いて輪島塗会館へ。 一点や二点、ぽんと現金を出して買いたかったけれど、とても手が出なかった。 宝くじに当たったら来てみよう。 白米千枚田。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北陸紀行 2 福井・金沢

10月28日。福井の朝は曇り。 まずはしっかりと腹ごしらえ。 日本百名城のひとつ丸岡城へ向かう。 例の一筆啓上 火の用心 お仙泣かすな 馬肥やせ ここのお城の天守閣は階段がきついことを教えてもらっていた。 確かにきつい。ロープを握ってやっとの思いで上がった。 福…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

北陸紀行 1 福井

10月27日予定どおり秋田空港を出発。途中富士山が見えた。 機内でCAがキャンディーや絵はがきを勧めてくれた時、「この飛行機ボンバルディアが大好きなんですよ。明るくて余り揺れなくて。」と言ったら降りる時に搭乗証明書をくれた。 大阪空港も少し寒かった。 バスで大阪駅まで行くと、予定よりも少し早めに到着したので、一本早…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お見舞い申し上げます

この度の鳥取地震で被害に遭われた方々に心からお見舞い申し上げます。 また、救急、消防、防災などの関係者の皆さんの活躍に深謝申し上げますとともに、心から連帯の挨拶を送ります。 やっぱり原発は止めた方がいいな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日も法事

今日は家内の家の法事。 に乗って、 ここで降りた。 バスに乗って寺へ。 七回忌と二十七回忌の二人のはずだった。 ところが寺に着いてみると他に五十回忌が二人あるという。 先日の我が家が百回忌二人と五十回忌、こちらは五十回忌二人。 すごいことになった。 終わった後、帰りのバス時刻まで二時間近くもある。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

家事手伝い

朝から家事(ゴミ出し)をやったので、「疲れた」と言ったら、女房が「エラいエラい」と褒めてくれた。 ダイエットに精を出している。 一日一万歩が目標。 今日は、北都銀行前から寺町を通って山王まで歩き、用をたした後、金足農高前までバスに乗り、そこから歩いて博物館まで行き、帰りも追分駅まで歩いた。 一万歩を難なく達成。 いつまで続…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

珍しい法事

仏事でおめでたいなんて言ったら罰が当たるかも知れないが、まずは聞いてください。 今日は法事。 百回忌が二人、五十回忌が一人、そして三回忌が一人。 百回忌は、生後間もなくなくなった父の弟(叔父)、もう一人は祖父(本当は九九回忌なのだが繰り上げ)、五十回忌は祖母、三回忌は母だ。 母を除けば知っているのは祖母だけ。物心ついてから身…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うまい物

今日も暑かった。 午前中のボランティアを終えて、駅前で昼食をとろうとアゴラ広場に行くとイベントの真っ最中だった。 ミス・フレッシュ秋田さん 写真の掲載は了解を得ております。 転載・転写は固くお断りいたします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

衣替え

もう10月1日だというのに、暑い。 50年近く前、秋田は旧盆が終わると秋風が吹き、9月に入ると暖房具の準備さえ始める地域もあった。 しかし、京都に帰ると、まだ暑く半そで姿で過ごすことができた。 それがどうだろう。 今では秋田も9月いっぱい半そでで過ごすことができるようになった。 異常気象もこう毎年続けば当たり前にな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

諦めるということ

先日のこと。ホテルのレストランでバイキングを食べた。 ウエイトレスに、この会員というのは何かと尋ねると、65歳以上の男女なら誰でも入会できて、バイキングの料金が1割引になるのだそうだ。即入会。 初め勢い込んで食べ始めたが直ぐに満腹感が生じて、予想以上に少ない量しか食べられなかった。炭水化物食品が色々あって、若い頃なら腹一杯詰め込…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

今日は俺の日

他人様のことだと思っていたら、何のことはないこの私の日だった。 敬老の日。 誰も敬ってくれないから自分で自分を慰める。 昨日、大分の友人が素晴らしいかぼすを送ってくれた。 スーパーに飛んでいっていいちこを買ってきた。 スライスして、コップに浮かべ残りを絞った。 甘露甘露。 もちろん今夜も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はさみ

父が存命なら102歳だ。 その父は元気な頃、孫のお下がり(お上がり?)の自転車やリュックが気に入っていた。 旅行に行く時はいつもそのリュックを背負っていた。 みんなで旅行に行った時のこと、リュックから様々なものを取り出した。 薬、オブラート、袋菓子、懐中電灯そしてはさみ。 はさみ? 何に使うのか。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち

おと休最終日、9月5日。 久しぶりの充実した和の朝食に満足。 三度、上京。 この日は国立新美術館のヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たちを鑑賞する。 宗教画の数々。 多くの画家が手がけてきた受胎告知などのおなじみのテーマが繰り返し繰り返し目の前に展開する。それぞれの画家が想像力や創造力を駆使して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネギそば 大内宿 塔のへつり

9月4日、宿を出て新白河駅高原口からバスに乗る。 観光バスのような路線バスだ。 塔のへつり前で下車してセットの野菜そば定食を食べる。 その後、塔のへつりに向かうも案内板が見当たらない。 たぶんこの道だろうと行ってみると当たりだった。 なおも行くと鉄道が表れた。 何鉄道?会津鉄道かな。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おと休 3日目

9月3日。再び上京。 東京駅に着いて、大丸8階のイノダへ。 ここで、アラビアの真珠の粉を二袋購入した。 続いてこれに出席して、2018年の大会について意見交換。 後は銀座ライオンで交流。 解散。 {%パ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more