テーマ:50代以上のブログ

更に進む進む認知症

昨夜、「二週間」の記事を書いてからベッドに横になって、ハテと思った。既視感ではなくて既書感(こんな言葉があるか知らないが)に襲われた。何だか以前にも同じようなことを書いたような気がする。今朝起きて確認すると案の定「戦々恐々」で同じようなことを書いているのだ。これは大変だ。もう完全に認知症だ。早速、市役所に電話して、調査員に来てもらって等…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

二週間

今からおよそ50年前、ということは半世紀前!ボニージャックスという男性4人のコーラスグループが歌ってヒットしたロシア民謡があった。 「一週間」という名の歌で、恋人に一週間の出来事をコミカルに教える歌詞だった。あの頃は歌声喫茶の全盛期で、どこの店でも歌われていたはずだ。京都は四条通に「炎」があり新宿は「ともしび」だった。後輩やいとこたち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

進む進む認知症

毎日進む認知症が自覚できる。女房にも毎日言われるのだけれど、とにかくおかしい。 さっき聞いたことを覚えていない、捜し物をしていて、さて何が必要だったかとっさに思いつかない、顔は思い出すが名前が出てこない、昨夜酔っ払ってからみたテレビドラマの結末を覚えていない、女房の顔がきれいに見える、鏡に顔を写してみたら今まで見たこともないようなイケ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

8月の一日

マスクをしない人たちが増えてきた。コンビニでもスーパーでも。秋田は感染が少ないから警戒感が緩んできているのではないか。これから帰省者の増加するお盆が来る。先日の四連休後の2週間も進行中だ。岩手県でも遂に陽性者が発生した。北東北三県は陽性者が少ないがいつまで続くのか。油断は禁物。気をつけていきたい。私は持病のデパート。喘息に糖尿病に高血圧…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

新聞

両親が未だ元気だった頃、それまで何十年も購読していた全国紙を止めて地方紙に替えた。理由を聞いてみると、「(全国紙は)難しくて読めなくなった」と言う。 最近、私もそう思う。重厚長大な記事は読むのがしんどい。そこで時々地方紙を買ってくるのだが、こちらの方はカラー写真をふんだんに使い、内容も身近な話題で溢れている。地元の人たちはお悔やみ欄が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暑い日

なんとも暑い日だった。 こんなに暑い三月はおそらく初めてだ。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

京都国際ホテル 二十歳の原点

高野悦子さんと一緒にアルバイトした京都国際ホテル関連の資料を公開します。 最初は、市電の定期券。 かつて大学の広小路キャンパスがあった最寄りの停留所府立病院前とホテルのあった堀川丸太町、更に下宿近くの東一条(京都大学正門前)。この三点を結ぶ定期券です。 この頃はまだ15円だったか、上がっても20円のはずです。卒業の頃は25円に…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

クールビズ

日本人は言い換えがうまいのだろうか。 占領軍を進駐軍、高齢社会を長寿社会・・・・・・・ ノーネクタイをクールビズ。 ネクタイを外して上着を着ていたのでは、さして涼しくない。 上着を脱いで半袖のシャツにしてこそ涼しくなるのだ。 かっこ悪いというのなら、ノーネクタイの方がよっぽどおかしい。 考えて見れば昔…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

年を越えたピーコック

スタイル抜群、服装のセンス、おしゃれ!という人をよく見かける。 しかし、その方のかんばせを拝見すると、エッと思うことがたびたびだ。 たいてい60歳以上、その御年でこの服装はいかがかと思う。 私を追い越していった男性は、後頭部がすかすかなのに、ジ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more