テーマ:日記

京へ筑紫に板東さ

応仁の乱の頃、「京へ筑紫に板東さ」という言葉がはやったそうだ。 どこそこへと言うのは京都、どこそこにが九州、関東はさ。 関東のさが東北に定着し今でもお国言葉ではさだ。 言葉は同心円状に広がり周縁の地に定着するそうだから、関東から広がって東北に残ったのだろう。 どさいぐ ゆさいぐ     秋田では、どさえぐ ゆっこさえぐ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

百周年

10月19日。朝食は、例によってイノダでモーニングを。 続いて、今回の上洛のメイン行事。 ブックプロジェクトなる企画も。来年の新入生に本を贈るのだそうだ。私は、「失われた時を求めて」にした。卒業までの4年間で完読して欲しいという思いを込めて。 後は、北海道東北の仲間達とお酒の美術館で2次会を挙行。た…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

堺 佐竹三六歌仙

10月18日。大阪空港から堺へ向かった。 まず、昼食。げこ亭へ。 学生時代のような好きな料理を選びご飯と味噌汁をつけて定食に仕立てるタイプ。白い御飯がうまかった。そしておかず類も御飯が進むようなものばかり。これから大阪に来る機会があったらここで昼食にしたい。いっそのこと夕食もここにして,泊まることにするか。 続…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

9月の出来事 2

9月9日。 この日も暑かった。 札幌も何度も訪れているから、もう行くところがなくなった。 ふと、円山動物園を思い出した。 亡くなった叔父が私が小学校六年生の夏休みに連れてきてくれた場所だ。 その頃、動物園か公園にウオータースライダーがあったような気がする。 叔父は大学浪人中だったが、海水浴や港、動物園とあちこちに連れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9月の出来事

もう随分長く更新していない。その気持ちは無いわけでは無いのだが、どうしてもデスクに向かう気がしない。最大のパトロンであった大好きな叔父が亡くなったこともある。老化の進展にともない気力が衰えたこともあるかも知れない。しかし、このブログの終わりは私の終わり。そんなつもりで老骨にむち打ちこれからも書いていきたいと思う。 9月7日。札幌へ。叔…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

免許返納

今日自動車運転免許を返納してきた。来年の4月30日まで有効な免許だ。取得の時は、実に大変だったのに、返納はあっという間だった。実際に運転した期間は2年強。基本的に晴れの日だけの運転。雨、雪、夜は運転しない。これでは意味がない。ここ20年くらいはまったく運転していない。これでは持っている意味がない。秋田県では、返納して運転経歴証明書を取得…
トラックバック:0
コメント:19

続きを読むread more

この頃のこと

やっぱりパソコンデスクに向かうのがおっくうだ。 そんなことを言い出してからもう何年にもなる。 何日かに一度、メールだけはチェックしているが、めったに他人様のブログまで訪問することはない。 で、何をしているかというと、外出のない時はごろりと寝転び、フェイスブックとツイッターを読んでいる。こちらはスマホを使用するから横になって…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

高野悦子さん

今朝早く友人から電話があった。 高野悦子さんの五十回目の命日とのこと。もう半世紀前のことか。 http://blog.honyomi.jp/200509/article_21.html
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都

6月1日、いつもの宿のいつもの朝食。 午後のメインイベントまで暫くあるので、京都文化博物館へ。 お土産に和紙を購入した。折り紙に情熱を傾けている方がいる。 高島屋へ。 ここでもお土産を購入。バトンドール。 おもちゃ売り場でマジックの仕掛けを購入。 いよいよメインイベントへ。 充実した会議の後…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

神戸に行ってきた

5月31日。本当は千早城跡へ行くつもりだった。 しかし、大阪空港で降りてビル内を歩いていると兵庫県のコーナーがあって、神戸市内を40分くらいで回るバスがあることを発見した。 急遽目的地を変更。直ぐに三宮行きのバスに飛び乗った。 何年ぶりだろうか。 少しは友人に案内してもらって歩いたことがあるが、そもそも神戸市内を回遊…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

京都へ 2

朝食のこのプレートが運ばれてきた時には、思わず、「他にもあるのでしょうか」と聞くところであった。 それほどシンプル。思わず、魚のありかを探したくらいだ。 チェックアウトしてホテルを移動。 公共交通機関で行こうと思ったが、荷物が重く、ホテルの前に駐車していたタクシーに乗った。 代わったホテルで荷物を預け、大丸に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年おめでとうございます

皆様新年あけましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 最近ではブログの更新が少しおっくうになり滞ることがしばしばですが、これからも惚け防止を兼ねて、可能な限り続けていきたいと思います。 これからも応援お願いいたします。 子供の頃、大晦日や元日は思いっきり興奮する行事でした。 指折り数えて待っ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

宝くじ

宝くじを買うと、たいていの売り場で 「当たりますように」と言ってくれる。 そこまで言うのなら 初めから当たるくじを 売ってくれればいいのに。 私の我が儘だろうか。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日の千秋公園

久しぶりの千秋公園だ。 桜は終わり緑が一杯。 午前中が雨で午後に上がった。 本当は今頃の秋田は、青空が一杯に広がって暑くもなく寒くもない一番いい季節なのだ。 ところが今年は、雨か灰色の空だ。 でも、この連休に秋田への旅行を計画している人たちは、それでも訪れてくださる。嬉しいことだ。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

平成雪合戦(補訂)

今日はぼた雪。 湿った雪が重い花びらのように落ちてくる。 もう少し水分の少ない方が楽だけれど、雨よりはましだ。 時々、ハーフコートについた雪を払い落とすことができる。 圧雪されて少し溶けては固まり、また溶けては固まりを何度も繰り返しているうちに、厚い氷が道路を覆っていた。 先日その氷を掻き砕いた。 家の前の道路は…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

デパ地下と商店街

秋田市内のデパ地下、と言っても一つしかないけれど大勢の人で賑わっていた。 いつもこのくらいの人出があったら秋田駅前商店街も大いに活性化すると思う。 毎日セイントバレンタインデーならいいのに。 かくいう私も自分用に一箱購入してきた。 家族からもらった物は既に消費してしまったし、せめて本番の日に食べる物を手元に置きたかった。…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

京都国際ホテル 二十歳の原点

高野悦子さんと一緒にアルバイトした京都国際ホテル関連の資料を公開します。 最初は、市電の定期券。 かつて大学の広小路キャンパスがあった最寄りの停留所府立病院前とホテルのあった堀川丸太町、更に下宿近くの東一条(京都大学正門前)。この三点を結ぶ定期券です。 この頃はまだ15円だったか、上がっても20円のはずです。卒業の頃は25円に…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

東北六魂祭

いやあ 面白かった 最初はブルーインパルス そして祭りが始まった 東北のものすごいパワーを見た。 写真の転載、転写をかたくお断りいたします。
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

秋田 昨日今日明日

今日は久しぶりに映画を見に行ってきた。 駆け込み女と駆け出し男。 縁切り寺に係わる男女の物語だ。 主演の大泉洋の地なのか芝居なのかわからないひょうひょうとした演技が面白い。 ストーリーはまさか、よもやと思われるプロットの連続だけど、そこは原案が井上ひさしとくれば、まあ納得。 2時間を超える大作だったが、少しも退屈させない。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

角館町

一昨日角館町に行ってきました。 小田野直武の墓所。 戒名が絶学源信。 いろいろなお店が興味を引きます。 珍しいメニューがありました。 鮎のなれこまち。 聞いてみると、鮎のなれ寿司だそうです。においはないとのこと。今度是非挑戦してみます。 雰囲気が良くて 今度…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

日本の中国人

各地で中国や台湾の人たちと出会った。 京都では、大きなカートに紙オムツなどを大量に積んで歩いている人を見たし、あちこちで団体客の姿も見た。 けれども、大きな声を上げる人はいなかった. 皆少し緊張しながらも行儀良く行動していた。 地下鉄に乗ってきた女性は、彼女の子どもらしい5,6歳くらいの男の子が車内を駆けそうになると、低い声…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

御所 広小路 新福菜館 寺町

21日は朝起きると良い天気だった。 まずは腹ごしらえ。 久しぶりに京都御苑を歩いてみようと思った。 この頃は少し寒かったが、時間を経るごとに暖かくなり、前日とは打って変わって汗ばむほどの陽気になった。 学生時代は御所内のグランドでソフトボールに興じた。 れっきとした体育の実技だった。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

四十九日

一昨日12月14日、繰り上げて母の四十九日の法要を行った。 これで今年の仏事は一通り終えたことになる。 寺では、いつものように、般若心経と修証義を僧侶とともに読み、四十九日と百か日の法要を終えた。 墓地に行き納骨した。墓地までの道を除雪してくれていたほか、お骨を納めるため隙間を空けられるように、事前にいろいろ準備していてく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

クールビズ

日本人は言い換えがうまいのだろうか。 占領軍を進駐軍、高齢社会を長寿社会・・・・・・・ ノーネクタイをクールビズ。 ネクタイを外して上着を着ていたのでは、さして涼しくない。 上着を脱いで半袖のシャツにしてこそ涼しくなるのだ。 かっこ悪いというのなら、ノーネクタイの方がよっぽどおかしい。 考えて見れば昔…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

年を越えたピーコック

スタイル抜群、服装のセンス、おしゃれ!という人をよく見かける。 しかし、その方のかんばせを拝見すると、エッと思うことがたびたびだ。 たいてい60歳以上、その御年でこの服装はいかがかと思う。 私を追い越していった男性は、後頭部がすかすかなのに、ジ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

いろんなことがありまして

ただいま帰って参りました。 実はパソコンは数日のうちに修理を終えて帰ってきたのですが、なかなかキーボードに向かう気持ちが出てこなかったのです。 ブログのレポートを見るとだんだんアクセス数が減っていくことが目に見えてわかり、「もうこれまでか」と思うと今度は上昇していき、しかしまた下がり始めると「イヒヒヒヒ・・・・・もっともっと…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more