テーマ:気候

昨日はこんな日

朝、起きてみると雪だ。 案の定道路は渋滞している。 マイカーのドライバーはたいてい一人で涼しい顔をして座っている。 自分たちの車が渋滞の原因になっていることを知っているのか。 いつものことだ。 歩いて先へ先へと進む。もっと先のバス停に行って乗ろうと思った。 なぜなら、これほど遅れている場合は、普通ならとっくに通過して…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雪が降る

昨夜来の風雪は今朝まで続いた。 起きると家内が「雪が積もっているよ」と。 それなら完全武装だ。 マフラー、LLサイズののダウンのコート、ブーツ、手袋。 頭は毛糸の帽子、更にコートのフードをかぶる。 バッグは袈裟懸けにかける。 両手をフリーにして転んだ時に受け身ができるように。 道路は車が渋滞。 いつものバス停…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最高気温記録更新

熊谷、多治見で40.9度だそうだ。 人の体温よりも高い。 だから裸で抱き合えば涼しく感じるというようなことを何かで読んだ。 確かに理にかなっているようだけれど・・・・・ でも相手によるな。 男も女も相手は若い異性がいいだろうな。 でも体温が低いのは年寄りだ。 よそう やっぱり。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暑かった!

実に暑かった。 墓参、 本当は13日なのだけれど、今日行って来た。 お寺も墓地もほとんど人がいなかった。 父のために生前大好きだったたばこと日本酒とビール、果物、菓子、花を墓前に捧げてきた。 赤飯は家内が早朝起きて作ってくれた。 本当は明日が本番。 だけど明日は休めない。 夕方になってやっと涼しい風が吹いてき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真冬のフォークダンス(再掲)

 まだJRが日本国有鉄道(国鉄・JNR)の頃。  奥羽本線大館駅での話。大館は秋田県の北部の都市。忠犬ハチ公の生誕の地。最近は、きりたんぽや比内地鶏で有名。  今から約30年前、秋田駅行きの上り列車を待っていた。確か1月か2月の寒い時期。吹雪のため列車は大分遅れていたが、それでもやっと近くまで来たというので、改札が始まった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

融雪歩道と横断歩道と商店街と

歩道の一部が融雪化されてホントに歩きやすくなった。 滑る心配がない。 だから安心して歩ける。 ところが横断歩道が危ない。 横断歩道は車道だから車が走る。 スタッドレスタイヤになって車道はてかてか。 横断歩道もてかてか。 今朝私の前を歩いていた女性が転んだ。 幸い尻餅をつくような感じだったから怪我はなかっただろう。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続 本当に楽しい送別会だった

好きな先輩の送別会を企画しようと思った。 先輩に趣旨を伝えると、送別会はお断りしたいという。 但し、会費を出し合って、昔の仲間で語りあうのであればいいという。 言外に、餞別などは止めて欲しいということを言っているのだ。 一計を案じた。 先輩の言うとおりに会費制で開催しよう。 語る会の昨日、しっかり全員から会費をい…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

かまくらの不思議

かまくらのシーズンが間もなくやってくる。 秋田県横手市が有名。 それにしても、全国各地のかまくらが何故かまくらなのだろう。 このような遊びは積雪地帯なら全国各地にあるはず。 各地なりの呼び方があるはず。 何故、全国どこもかまくらなんだろうな。 秋田県の観光はこちら http://www.akitaf…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

何だかわかるかな

昔はどこの家にもあったものです。 これではどうかな。 そう、雪かき用の雪べらです。 一番上の黒い穴に見えるものは、黒い釘の頭です。しっかり打ち込んでありました。 今は、雪かきというと、合成樹脂製のものを使いますが、昔は木製の雪べらを使ったのです。 難点は、雪がくっつくこと。 くっつくと重くなっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

春の寒気

ひょっとしたら春の勘気と書いたらいいかも。 朝起きると、雪だよと妻。 外を見ると一面銀世界だ。 おお、久しぶりの雪だ。 バス停に出ると、いつものバスが来ない。 停留所を三つばかり先に進んだ。 そこで直通バスをゲット。 ラッキー! いつものバスでは途中で乗り換えが必要なのだ。 職場の始業時間には悠々セーフ。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

春の陽気

ひょっとしたら妖気と書いた方がいいかも。 今の時期のこの陽気、気持ちが悪い。 この世に生を受けて、ん十年になるが真冬に雪が無くてこの陽気、初めての経験だと思う。 からりと晴れ渡りいい気持ち。 外に出て散歩でもしたくなった。 すっきり起きるには、目を覚ましたらすぐに日光を浴びることだという。 毎日、ピンぼけとい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大掃除

暮れになると大掃除をした。 母に言われて、私は、いつも外のガラス拭き。 大抵12月30日。 ただの寒さじゃない。 吹雪で荒れて、肌を刺す寒風。 ぞうきんを持つ手はかじかんで、何でこんな時に掃除をするのかと腹立たしく思ったものだった。 雪国では、春と秋の大掃除というのがあった。 大掃除が終わると集落の役員がまわってき…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雪と大根

今朝、家を出る時は積雪3センチくらい。 案の定、車は数珠繋ぎ、バスはのろのろ運転。 あきらめて3停留所分ほど歩いた。 バスも数珠繋ぎで次から次とやってくる。 ダウンの膝下までくるコートを着て、布とビニールでできたショルダーバックを袈裟懸けにして、とぼとぼ歩く。 雪の日には、両手をあける。何も持たない。 滑って転んでも…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

積雪1センチ程度。 そんな季節になりました。 明日は、道路が混んでバスは大幅に遅れるかもしれない。 少し早めに出て歩かなければならないかな。 これからほとんど毎日鉛色の空が続く。 冬期間を除いて、秋田市は晴れの日が一番多い県庁所在地だそうだ。 まあだからこそ、この寒さや空の暗さにも耐えられる。 あの春の日だまり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晴れの日

いくら梅雨とはいえ、うんざりする天気が続いている。 それに昨日今日と寒い。 秋田の空はいつもどんよりしているって? とんでもない、日照時間は東京より1日当たり1時間ほど多いんだぜ。ただし4月から9月までの半年間に限っての話だが。  今から15年前、全国主要都市の日照時間を理科年表をめくりながら過去30年までさかのぼって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

衣替えとクールビズ

 今年は暑いのか?  いつもの年なら女子高生の夏服姿は6月1日でもそれほど多くないけれども、今年はかなり多い。 6月1日が暑かったせいもあるのか。  6月1日から職場でも軽装でいいことになった。軽装って何?と聞くと上着とネクタイがいらない服装だそうな。結構難しいんだよね。どうもカジュアルとも違うらしい。  昔は開襟シ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

爽やかな日々

 全国の県庁所在地で 冬季を除いて、晴れの日が一番多いのは秋田市だって。 そんな年もあった。 これから爽やかな日々が続く。 東北の日本海側、暗いイメージ 思いこみがありはしないか?
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

我が母の雪かき

 今日はデイサービスの日。 電話してみると案の定、出た。 つまりデイには行かなかったということ。 何故と聞くと「腹具合が悪くてサ」 様子を見に自宅近くまで行くと 雪を崩す音。 おお 母よ! 自宅脇の固い雪の塊を雪かきで崩しているではないか。 女房と息子にまた頼むことにする。 俺亡き後は頼むと。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

女の秋

小春日和は春だと思っていた。  小春日和のことをロシア語で「女の秋」と言うそうだ。 40歳前後の女性は、突然輝きを増して本当に美しくなる一瞬があるのだそうだ。  なるほど、秋の一日、小春日和  それ以外にも美しくなるときがある。  結婚前の一ヶ月。  それにしても、いいかげん春よ来い!  えっ お前の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

なまあしといじめ

 女子高生の通学時の姿を見るとミニスカの下の足がなまあし。 暖かい地方ならともかく、氷点下の日が続く秋田では見るに忍びない。足はまっかで凍傷寸前という感じ。無理しないでパンストをはけばいいのにと思った。  数年前そのことを高校生のお嬢さんを持つ同僚に話したら、「私も娘に注意したのです。でも娘がいじめにあうかも知れない、と…
トラックバック:7
コメント:8

続きを読むread more

雪 ゆき snow

 今日も雪かき。  秋田市内はまだましな方。県南地方の横手市(かまくらで有名)や湯沢市などはもっともっと積雪が深い。屋根の雪下ろしや雪捨てで大変なはず。もういい加減にしてくれと思う。  だいたい雪国で一シーズンに屋根から落ちたり圧雪で亡くなる人はどのくらいいるのだろうか。台風で亡くなれば全国報道されるのに、雪ではほとんど報道…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more