テーマ:学生時代

10.21 10.22

10.21は国際反戦デー 10.22は時代祭 学生時代、延暦武官行列のアルバイト 弁当付きのいいバイトだった 夜は鞍馬の火祭り 着いた時には終わっていた でも祭の興奮の燃えがらがあちこちに残っていた 我が青春の京都
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

んだ 京都さ えぐべ!(現代日本語訳)

京都に行こうと思った。 (京都さ えぐべ ど思った。) 卒業してから30有余年。 (そづぎょうしてがら 30有余年。) 今年はほとんどの仲間たちが第一の職場を定年で去った。 (こどしは ほどんどのながまだぢ 第一の職場を定年で去った。) だからみんなで懐かしい京都に集まったら面白いだろうなと思った。 (…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

んだ 京都さ えぐべ!

京都さ えぐべ ど思った。 そづぎょうしてがら 30有余年。 こどしは ほどんどのながまだぢ 第一の職場を定年で去った。 んだがら みんなして 懐かしい京都さ あづまったら おもしれべな ど思った。 オレは学時代ももサークルの庶務委員 しごどさ ついでがらも しょぐばの親睦会の幹事長だどが 幹事 何回もやった。 …
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

京都の下宿のおばさん

おばさんに会いたかった。下宿の学生達を本当に可愛がってくれた。 賄いがつかない下宿なのに、風邪を引いて寝込んでいると、ご飯を食べさせてくれた。 洗濯をしたいというと、途中なのに、洗濯機を貸してくれた。 卒業の時に母と妹が上洛した。 母は和服だった。母に上等の草履を貸してくださった。 そのおばさんに会いたいと思った。 …
トラックバック:6
コメント:2

続きを読むread more